お菓子

チョコボールのエンゼルの確率はいくらか?当たりの見分け方もご紹介

チョコボールは、金のエンゼルを1枚集めるか、銀のエンゼルを5枚集めると景品がもらえます。

エンゼルが集まる前に諦めてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私自身もエンゼルが集まる前に紛失して諦めた一人です笑

そこでチョコボールエンゼル確率がいくらなのか、当たり見分け方を調べてみました。

チョコボールとは

ネコ
ネコ
チョコボールはどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、チョコボールについて説明するよ

森永製菓株式会社から発売しているチョコレート菓子です。

1967年から発売から50年以上も愛され続けています。

2017年には、発売から50周年を迎えられました!

キャラクターはCMでもお馴染みの「キョロちゃん」ですね。

ピーナッツ・キャラメル・いちごの3種類の味がレギュラー商品として販売されています。

ちなみに私は、ピーナッツが好きです^^

元々は、チョコボールの前身である「チョコレートボール」という名称で1965年に発売されていましたが、当時のパッケージは「キョロちゃん」ではなく、「チャッピー」というキャラクターでした。

チャッピーは、当時人気アニメであった宇宙少年ソランのキャラクターのリスだったようです。

しかしアニメ終了とともに、チャッピーがデザインのチョコレートボールは終了となりました。

さらに2年後の1967年に、現在のキャラクターでもある「キョロちゃん」が初めて登場しましたが、商品名はまだ「チョコレートボール」のままです。

それが1969年に現在の「チョコボール」に改名されています。

worpman
worpman
最初はチョコボールでもキョロちゃんでもなかったんだね

エンゼルの確率はどれくらい?


チョコボールのエンゼルは、2種類あります。

金のエンゼルと銀のエンゼルです。

三角形のようなくちばしの中にエンゼルが描かれています。

テレビ番組では、そのエンゼルの出現する確率を検証されていました笑

その時の検証では、金のエンゼルが915箱目で出現し、銀のエンゼルが25箱目で出現しました。

なので金のエンゼルが欲しい方は、1,000箱も買う事が出来れば、その中の1箱に金のエンゼルが入っているかもしれませんね^^

ちなみに景品表示法の関係で、森永では出現確率は秘密となっています。

あくまでその時の結果であり、目安としておいたほうが良いでしょう。

worpman
worpman
1000回買うのではなく、1000箱まとめて買うことで、その内の1箱が金のエンゼルかもね

当たりの見分け方はあるの?

チョコボールの製造するラインで、当たりとハズレが異なるという噂があります。

そういった噂も関係しているのか、ネット上で当たりとハズレの見分け方があるそうです。

ちなみにネットで言われている見分け方は、以下の通りでした。

【見分け方のポイント】
●パッケージ側面の賞味期限の位置がやや違う
●パッケージの切り取り跡がやや違う
●くちばしの折れ具合がやや違う
●パッケージフィルムのあけくちがやや違う

そもそも「やや違う」という表現しているのは、私自身が外見から判断しても、その違いが分らなかったからです笑

金のエンゼルや銀のエンゼルを確実に欲しい(集めたい)方は、ヤフオクで落札することをオススメします。

そうすることで時間と出費を抑えることができて、確実に入手できるからです。

現実的で夢はありませんが^^;

ただコツコツ集めるやり方もロマンがあって良いと私は思っています。

worpman
worpman
金のエンゼルはヤフオクで入手できるんだね

もし自力で集めることが出来れば、達成感はとても大きいものでしょう。

まとめ

Point

●森永製菓から製造販売されているチョコレート

●金のエンゼルは約1000箱で、銀のエンゼルなら約25箱で1箱あるかも

●当たりとハズレの見分け方があるが、見た目じゃわからない

関連記事:お菓子のチョコはどこのメーカーが作っているの?種類やおすすめを紹介!

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。