お菓子

駄菓子の青リンゴ餅やさくらんぼ餅はどんなお菓子か?他の種類はあるか?


お餅の様なまたはグミの様なお菓子の青リンゴ餅さくらんぼ餅)。

なんとも不思議な食感ですね。

私は子どもの頃に良くこのお菓子を食べていました^^

この青リンゴ餅さくらんぼ餅)ですが、どんな駄菓子なのでしょうか?

また、他にはどんな種類があるのでしょうか?

ふと気になったので調べてみました。

Sponsored Link


青リンゴ餅(さくらんぼ餅)とは


餅粉や澱粉を主な主原料とし、水飴や着色料などで味付けをしています。

その後5~7mmの厚さで正方形に切断されてから蜜でコーティングした駄菓子です。

また青リンゴ餅(さくらんぼ餅)はグミでも飴でも餅でもなく、餅飴になるそうです。

ちなみに青リンゴ餅(さくらんぼ餅)は、昭和54年に販売が開始されました。

この青リンゴ餅(さくらんぼ餅)を作っている会社は共親製菓株式会社だけなんです!

まさかこの駄菓子が1社だけで造っているとは驚きですね。

共親製菓について

Sponsored Link



共親製菓という会社ですが、どんな会社なのでしょうか?

社名が共親製菓株式会社です。

愛知県を所在とし、お菓子の製造と販売をしている会社のようです。

1947年1月に設立されました。

理念が「よい品・よい人・よい会社」としています。

またモットーが「愛される共親の菓子」です。

主な製品に餅飴という青リンゴ餅(さくらんぼ餅)があります。

他にも各種ゼリーや粉末・ポンカン飴などを幅広く取り扱っていました。

そしてアメリカなど海外にも提供しているそうです。

まさか青リンゴ餅(さくらんぼ餅)が世界で売られていることも驚きでした^^

何種類くらいあるの?

青リンゴ餅(さくらんぼ餅)にはいろんな種類がありました。

●さくらんぼ餅
●青リンゴ餅
●シャンペンサイダー餅
●ぶどう餅
●みかん餅
●たべプリ
●フルーツの森
●コーラ餅
●ひんやりサイダー餅
●キャンディーボックス
●きびだんご

11種類ほどあるようです。

なお、たべプリは一時期メディアにも取り上げられるほど、話題になったようですね^^

その他の情報について

内容量は1コあたり12粒です。

値段は1コ30円くらいで販売されています。

カロリーは1コあたり12粒で約46kcalほどだそうです。

重さは1コ13gと軽いです。

そして賞味期限は395日と1年以上ありました。

なお中には爪楊枝が同封されています。

こういう心遣いは何とも嬉しいですね^^

まとめ

point

●青リンゴ餅(さくらんぼ餅)は餅飴という駄菓子

●共親製菓1社のみで製造されている

●11種類もあり、いろんな味が楽しめる

●爪楊枝が同封されており、会社の気遣いを感じる

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 新卒から現在までに職を転々としています。大人になった今でもお菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子をよく好んで食べています。そんなお菓子好きがお菓子の情報をお届けしたいと思い、ブログ通して発信しています。