カラムー超の感想はどうか?カロリーや値段はカラムーチョと違うの?

      2017/11/17


辛いポテトチップスの代表作でもあるカラムーチョ

そこにカラムー超という新商品がでたようです。

このカラムー超ですが、カラムーチョと似ています。

カロリー値段など違いはあるのでしょうか?

どういう感想があるのでしょうか?

カラムー超感想カラムーチョとの違いなどを調べてみました。

Sponserd Link

カラムーチョとは


株式会社湖池屋が製造販売しているポテトチップスです。

チリ味を基にした辛いスナック菓子でもあります。

キャッチフレーズがポテトが辛くてなぜおいしい!みたいです。

パッケージにはヒーおばあちゃんが描かれています。

スティックタイプとスライスタイプの形の違う2種類があります。

発売はなんと1984年です。

カラムーチョをたべておばあさんがヒーと言った姿が印象的ですね^^

カラムー超とは

Sponserd Link

2017年9月25日から発売された新商品です。

スーパーは10月2日より発売されています。

またすっぱムー超という商品も同時発売されています。

こちらはすっぱムー超をイメージさせる商品のようです。

パッケージにはヒーおばあちゃんが描かれていません

カラムーチョはホットチリ味ですが、カラムー超は濃厚ビーフ煮込みXO醤仕立て味が異なるようです。

カロリー

1袋当たりのカロリーです。

カラムーチョは55gですが、カラムー超は58gで若干異なります。

どちらもカロリーにあまり差はないようです。

ただたんぱく質のみ0.1g低い点が気になりました。

値段

カラムーチョは1袋100円前後です。

カラムー超は1袋159円です。

カラムー超の方が値段は高いですね。

カラムー超よりも美味しければ、その分の価値はありそうです。

原材料

カラムーチョの原材料

・馬鈴薯(遺伝子組換えでない)
・植物油
・砂糖
・たんぱく加水分解物
・オニオンパウダー
・ガーリックパウダー
・食塩
・ブドウ糖
・香辛料
・香味油
・調味料(アミノ酸等)
・パプリカ色素
・酸味料
・香料
・香辛料抽出物
・甘味料(ステビア、カンゾウ)
・(一部に乳成分、小麦、大豆を含む)

カラムー超の原材料

・馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えではない)
・植物油
・砂糖
・食塩
・香辛料
・たんぱく加水分解物
・デキストリン
・魚介エキスパウダー
・酵母エキスパウダー
・ビーフ調味パウダー/調味料(アミノ酸など)
・酸味料
・パプリカ色素
・香料
・香辛料抽出物
・(一部に乳成分、小麦、えび、かに、牛肉、さば、大豆、ゼラチンを含む)

両者とも原材料がどことなく似てますね。

感想

超と付くだけあってカラムーチョよりも辛い印象がありますよね?

実際にカラムー超も辛さはあります。

ただ想像していたものより辛くはないです。

むしろカラムーチョの方が辛いのではと感じる瞬間もありました。

開けた瞬間カラムーチョとの香りが違います。

またXO醤の主張が強いようにも感じました。

まさしくカラムーチョと似て非なるものでしょう。

カラムーチョとは違う美味しさはありますが、個人的にはカラムーチョの方が好みです^^

カラムー超を見かけた際は、お一つ召し上がってみてはかがでしょうか?

まとめ

point

・湖池屋より新しく登場した新商品

・カラムーチョとは似て非なる商品

・カロリーはあまり差はない

・値段は1袋159円と高くなっている

・パッケージや風味が違うといえる

関連記事

ポテトチップスのりしお味カルビーとコイケヤの違いはどこ?カロリーなど徹底比較

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponserd Link

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


 - お菓子 , , , ,