お菓子

ヨーグレットは花粉症に効果はあるのか?食べ過ぎても良いの?

ラムネのようなお菓子のヨーグレット

名前もヨーグルト風味を意識してヨーグルトが描かれています。

そんなヨーグレットですが、花粉症効果があると一部でささやかれています。

また食べ過ぎるとどうなるのでしょうか?

気になったので調べてみることにしました。

ヨーグレットとは

ネコ
ネコ
ヨーグレットはお薬みたいなものなのかニャ
worpman
worpman
それじゃあ、ヨーグレットについて説明するよ


株式会社明治より発売している錠剤のような丸い形をしたお菓子です。

味はさわやかなヨーグルト風味ですね。

薬のブリスターパックのような容器の中に1粒ずつ入っています。

またポリポリと噛んで味わうことができます。

さらにビフィズス菌とカルシウムが配合されています。

その為ヨーグレットは、栄養機能食品のお菓子でもあります。

worpman
worpman
ヨーグレットをラムネみたいなお菓子だとばかり思ってたよ

ヨーグレットの概要

worpman
worpman
ヨーグレットについて補足してみたよ
商品名ヨーグレット
ヨーグルト風味
丸いタブレット
値段127円(税込)
内容量28 g(18粒入り:6粒×3枚)
カロリー111 kcal
特徴ビフィズス菌とカルシウム(栄養機能食品)

栄養機能食品とは何か?

ビタミンやミネラルなどの栄養成分の補給を利用する目的とした食品です。

栄養機能食品の明記がヨーグレットにもあります。

そして、1日当たりの摂取目安量や注意喚起の表示を必ずしなければ販売できないとされています。

また摂取目安量には上限と下限の範囲内と規定があります。

worpman
worpman
栄養を補助してくれるありがたいものなのか

ヨーグレットの目安について

1日あたりのヨーグレットの目安です。

18粒
栄養素等表示基準値2015に占める割合カルシウム44%

この目安を守ると良いでしょう^^

worpman
worpman
1日1箱までというわけか

食べ過ぎるとどうなるの?

中にはヨーグレットをたくさん摂取しても、良いのではないかと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ちなみに食べ過ぎても病気は回復するわけではありません。

また、健康が増進するわけでもないようです。

これはパッケージにも明記されています。

しいて挙げるとすれば、カロリーの過剰摂取に繋がるだけでしょう。

あくまでも補助という位置づけで、バランスの良い食生活を考えた方が良さそうです。

worpman
worpman
食べ過ぎてもさらなる効果は期待できないというわけか

花粉症に効果はあるの?


そもそも花粉症とは、スギやヒノキなどの花粉が目や鼻などに進入し、粘膜に接触することで引き起こされる症状です。

花粉症の主な症状として、「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」を起こします。

そしてヨーグレットを食べたら花粉症に効いたという声が一部ですがあるそうです。

おそらくビフィズス菌が花粉症に効果的である可能性が高いからではないでしょうか。

反対にヨーグレットを食べてみてもくしゃみが止まらなかったという声もあるようです。

ヨーグレットのビフィズス菌が、腸に届く前に死滅してしまったからであると考えられます。

それはビフィズス菌は酸に弱いと言われているからです。

ヨーグレットが花粉症に効果があるという根拠としては弱いですね。

あと考えられる方法としては、思い込みではないでしょうか。

例えば、「これは風邪に効く薬ですよ。」と思い込んで、その薬を飲んだ後に風邪が治ることがあるでしょう。

それと同じ原理が、ヨーグレットにも当てはまったのではないでしょうか。

worpman
worpman
時には思い込みの力も大事だね

思い込みでもヨーグレットで花粉症に効果があるのであれば、それが一番ですね^^

まとめ

Point

●ヨーグレットの目安は1日あたり18粒

●食べ過ぎるとカロリーの過剰摂取となる

●花粉症には、ビフィズス菌より思い込みの力が作用しているかも

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。