チョコバットの当たりの見分け方はどうやるの?確率はどれくらい?

野球をイメージしたチョコレートお菓子チョコバット

当たりクジ付きのお菓子でもありますね。

私はチョコバットを買ったことはありますが、当たった記憶がありません笑

当たり確率はどれくらいなのでしょうか?

また見分け方があるのでしょうか?

そんなチョコバット当たりについて調べてみました。

目次

チョコバットとは

ネコ
チョコバットはどんなお菓子ニャの

worpman
それじゃあ、チョコバットについて説明するよ


静岡県にある三立製菓株式会社から製造販売しているチョコレート棒のお菓子です。

パン生地にチョコレートをコーティングしています。

チョコバットは1964年に登場し、発売から50年以上も愛され続けているロングセラー商品です。

当たり付きくじのお菓子の代表でもあるようですね。

実際に当たればうれしいお菓子ではありますが笑

worpman
チョコバット何度か買っているけど、1回も当たったことがないだよね

さらにチョコバットくんという名前の野球のキャラクターがいます。

チョコバットの概要

worpman
チョコバットの補足だよ
商品名 チョコバット/チョコバットA
チョコレート
スティックタイプ
値段 30円(1本あたり)
カロリー 76 kcal(チョコバットA)
キャラクター チョコバットくん
特徴 当たりくじ付き

スティックタイプのお菓子は、うまい棒のようなサクサクとしたイメージがありますね。

当たりの種類について


チョコバットには、商品によって3種類の当たりがあります。

チョコバット ホームラン:1枚 / ヒット:4枚
チョコバットエース エース:1枚 / ストライク:3枚
ミニチョコバット オリジナル図書カード

チョコバットによって、当たりも少し異っているようです。

そして当たりでもらえる景品もそれぞれ違います。

チョコバット 1本引き換え
チョコバットエース オリジナルノート:1冊
ミニチョコバット 図書カード:1枚

チョコバットは、買ったお店で当たり券とチョコバットを交換します。

ただチョコバットエースは、三立製菓まで送らないといけません。

またミニチョコバットは、箱の中に図書カードが1枚入ってます。

当たりの中では、ミニチョコバットが一番良さそうに感じましたね^^

worpman
図書カードが、金銭的な価値としては一番高いかも

当たりの見分け方はあるのか?

チョコバットの当たりは、ヒットとホームランがあります。

ただアウトが出た時は、ハズレです。

そして当たりには、なんと見分け方があるそうです!

パッケージのイラストにある赤い★の模様の枠線が少し違います。

当たりは枠線がバランスよく付いてますが、ハズレは若干左側に寄っています。

パッケージの「コ」と「バ」の間の下の部分です。

ハズレは白い部分に若干黄色がはみ出しています。

今回の当たりの見分け方は、チョコバットのものですから、他のチョコバッドとは違いますので、その点はご了承下さい。

worpman
これでチョコバットの当たりが引けるような気がしてきたかも

確率はどれくらい?

チョコバットは1箱60本入りですが、実際は62本入りです。

これはホームラン1枚分とヒット4枚分の2本を交換することを考慮されています。

つまり62本の中から2本交換できることから、60本入りという表記がなされているのではないでしょうか。

ちなみにその確率は約3%と、非常に低いものです。

ただ1箱まとめて買うことができれば確実に当たりを手にすることは出来そうですね^^

worpman
単品で買うと難しいけど、1箱まるごとならチョコバットの当たりが引けるわけか

チョコバットの当たりを探されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●パン生地にチョコレートをコーティングしたお菓子

●★の枠線や印刷のにじみに注目してみる

●当たりは約3%と低い確率である

関連記事:お菓子のチョコはどこのメーカーが作っているの?種類やおすすめを紹介!

worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる