お菓子

チョコベビーでレアは何か?星や顔がなくなったのはいつから?

小粒なお菓子チョコベビー

名前にベビーと付くだけでなんとも可愛らしいですね^^

そしてチョコベビーにもレアなものがあったようです。

それは何でしょうか?

以前は入りのものがあったそうですが、いつからなくなったのでしょうか?

そんなチョコベビーについて調べてみました。

チョコベビーとは

ネコ
ネコ
チョコベビーはどんなお菓子なのかニャ
worpman
worpman
それじゃあ、チョコベビーについて説明するよ


株式会社明治が製造販売しているチョコレート菓子です。

容器の中に小さな俵型のチョコレートが入っています。

1965年の発売から、50年以上も経つロングセラー商品です。

チョコベビーもまた長年愛されており、たくさんの小粒チョコが入っているのが良いですね^^

worpman
worpman
小粒チョコが容器の中にいっぱい入っているよね

チョコベビー(ジャンボ)の概要について

worpman
worpman
チョコベビーについて補足してみたよ
商品名チョコベビー(ジャンボ)
ミルクチョコレート
小さな俵型
値段1個 118円 / 306円(ジャンボ)
内容量1個 32 g / 102 g(ジャンボ)
カロリー1個 173 kcal / 552 kcal(ジャンボ)
キャラクターチディ・ベア / イディ・ベア

チョコベビージャンボは量も多いですが、カロリーも高いお菓子ですね^^

満足できそうな量ではあるでしょう笑

レアなチョコベビーとは?

2011年ごろに期間限定で入っていたチョコベビーのことです。

レアなチョコベビーは、ラッキーアイテムを見つけた時のような楽しくなる演出だったそうです。

また親子で楽しめることと、夏場のチョコ市場を活性化する狙いもありました。

ちなみにレアなチョコベビーは、「大粒のチョコベビー」です。

この大粒のチョコベビーですが、10箱に1粒の割合で入ってました。

せめて期間限定ではなく、レアなお菓子として残っても良かったのではないでしょうか^^

worpman
worpman
今もあった方が、楽しめていたかもしれないのに残念だね

星や顔の形について


私は一度も目にしたことがありませんが、イメージの様な星や顔のマークが入ってたそうです。

それがいつの間にかなくなっていました。

この星や顔のチョコベビーは、全てのチョコベビーに入っていたわけではありません。

2014年ごろは残っていたと言われています。

それはパッケージが2014年ごろに変更されました。

それに伴いマークも一緒になくしたそうです。

代わりにチョコベビージャンボが発売しました。

私としてはレアなものを見つける楽しみも、お菓子の醍醐味だと思っています。

星や顔のマークや大粒のチョコベビーがなくなってしまったことは非常に残念ですね。

worpman
worpman
マークか大粒かどちらか1つでも残っていたら良かったのにね

またこういう企画が復活されることを期待したいですね^^

まとめ

Point

●明治が販売している俵型の小粒チョコレート

●レアは大粒のチョコベビー

●2014年くらいのパッケージ変更で星や顔がなくなった

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。