お菓子

キャラメルコーンのピーナッツは何故入っているの?理由や意味は何?

ほど良い甘さとサクっとした食感のキャラメルコーン

私はあのサクサク感が好きです^^

しかし何故かピーナッツが入ってますよね?

何か理由意味があるのでしょうか?

ちなみに私はピーナッツはいらない派です笑

そこでキャラメルコーン入っているピーナッツが気になったので調べてみました。

キャラメルコーンとは

ネコ
ネコ
キャラメルコーンはどんなお菓子なのかニャ
worpman
worpman
それじゃあ、キャラメルコーンについて説明するよ


株式会社東ハトが製造販売しているキャラメル風味のスナック菓子です。

主な原料はコーングリッツです。

また小さなピーナッツが入っているのが特徴ですね。

1971年の発売から今も愛され続けています。

さらに2003年には、パッケージを新しいデザインへリニューアルされていますが、ご存知でしたか?

私は何となく変わったかもくらいにしか思ってませんでした^^;

worpman
worpman
パッケージが変わっていたんだね

キャラメルコーンの概要について

worpman
worpman
キャラメルコーンを補足してみたよ

 

商品名キャラメルコーン
キャラメル
ドーナッツを半分に分けたような形
値段50円(参考小売価格)
内容量23 g
カロリー130.9 kcal(1袋あたり)

上記の内容は、1袋23g入りのものです。

何となくですが、キャラメルコーンの形は、まるで幼虫のような形をしているように見えるのは私だけでしょうか^^;

半円や扇形ともまた違いますよね。

なかなかうまい言葉が見つからなくてごめんなさい。

ピーナッツが入っている理由や意味について

キャラメルコーンにピーナッツが入っている理由は2つあります。

下記の通りです。

①代替品

キャラメルコーンを販売していた当時は、乾燥剤がとても高価でした。

湿度の高い日は袋の中でキャラメルコーンが湿気を吸ってしまいます。

それを防ぐ目的としてローストしたピーナッツがあります。

ローストしたピーナッツは塩分を含んでいます。

それが乾燥剤の役割を担っていたようです。

公式ツイートで完全に否定されていました。

②振動

ピーナッツは袋詰めの最後に入れています。

出荷前はピーナッツが一番上にある状態です。

それが輸送中に振動で、底へ落ちていきます。

袋の中の湿気は、ピーナッツが落ちながら吸ってくれます

そして私達の手元に届く頃には、底に落ちた状態となっています。

①香り

ローストされたピーナッツの香りをキャラメルコーンに加える役割があります。

皮がついているローストされたピーナッツの芳ばしい香りを、キャラメルコーンに移ることによって、抜群の美味しさに仕上がるからそうです。

②甘さ

キャラメルコーンの甘さを引き立てる役割があります。

ピーナッツが入っていることで、キャラメルコーン自体が美味しくなるそうです。

甘さのバランスを考えて、今の量に調整されています。

まるでキャラメルコーンとピーナッツは、お互いを支え合う夫婦のような存在に感じました^^

worpman
worpman
ピーナッツがキャラメルコーンにとって重要な役割があったんだね

商品開発の苦労や努力の末に誕生したキャラメルコーンを、これからも美味しく食べたいものですね^^

まとめ

Point

●キャラメル風味のスナック菓子

●おいしさのヒミツはピーナッツ

●香りで美味しさが仕上がるから

●甘さを引き立たせているから

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。