お菓子

明治のコーヒービートはうまいのか?何粒はいっているのか?


コーヒー豆のような見た目の明治コーヒービート

何だかコーヒー豆を食べているような気分のお菓子ですね。

私は今までコーヒーが苦手でコーヒービートを食べたことがありません^^;

そんなコーヒービートですが、1本に何粒入っているのでしょうか?

コーヒーが苦手な方でもうまいのでしょうか?

今回はコーヒービートについて調べてみました。

Sponsored Link


コーヒービートとは


株式会社明治から製造販売されている小粒のチョコレートです。

1本あたり32g入っています。

発売は1971年と、46年も前のことでした。

形は、コーヒー豆に似ています。

2015年には原料価格の高騰などにより内容量が変更されました。

夏でもチョコを味わってもらえるように糖衣してあります。

チョコ味とコーヒー味を一度に楽しめるよう開発されています。

コーヒービートには、4種類のキャラクターがいるようです。

一度も口にしていない私は本当に食わず嫌いだなぁと感じました^^;

うまいのか?

Sponsored Link



コーヒービートは、コーヒーのほろ苦さが味わえるようにしてあります。

また、日本人に一番好まれる味をコーヒー豆の中から探されていました。

そして食べやすいミルクコーヒー味です。

コーヒーが苦手な方でも食べやすいようには造られていますね。

ただコーヒーが苦味が苦手な人が食べてもうまいかは別だと感じました。

そこで実食してみましたがコーヒーの風味は感じます。

しかも「ちょっとおいしいかも!?」と感じるほどです笑

パピコのチョココーヒーの味に近いですね。

コーヒーが苦手な私でも美味しく食べれました。

またコーヒー好きにはたまらなくうまいと感じるかも知れませんね。

本当に食わず嫌いで申し訳ないと感じました^^;

何粒入っているの?


私は容器がそこまで大きいわけではない為、30粒くらいだと考えていました。

実際に数えてみたところ、なんと41粒入ってました。

見た目とは違い結構入っているものですね。

また容器には隙間がありました。

その為もう少し入っても良さそうには感じています。

ただ原料高騰の影響で数も減ってしまったのは仕方ないのかもしれません。

苦手な方はコーヒービートにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

point

●明治が46年前から販売しているお菓子

●食べやすいミルクコーヒー味

●1本に41粒入っていた

関連記事

アポロチョコレートの名前の由来は何か?逆の確率はどれくらい?

チョコベビーでレアは何か?星や顔がなくなったのはいつなのか?

明治のバナナチョコはどんなお菓子?カロリーや値段はどれくらい?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 新卒から現在までに職を転々としています。大人になった今でもお菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子をよく好んで食べています。そんなお菓子好きがお菓子の情報をお届けしたいと思い、ブログ通して発信しています。