お菓子

ココナッツサブレの量が減ったのはいつ?値段やカロリーはどれくらい?

ココナッツのほのかな香りとちょっぴり甘い日清ココナッツサブレ

小さい頃によく食べていた思い出があります^^

そんなココナッツサブレですが減ったという声があるようです。

いつから減ったのでしょうか?

また値段カロリーはどうなっているでしょうか?

今回はココナッツサブレ減った時期、値段カロリーについて調べてみました。

ココナッツサブレとは

ネコ
ネコ
ココナッツサブレはどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、ココナッツサブレについて説明するよ


日清シスコ株式会社が製造しているビスケットです。

砂糖をまぶしたココナッツ風味のお菓子でもあります。

1965年から発売開始から、50年以上も愛され続けているロングセラー商品です。

またグレーのカラーにココナッツサブレというシンプルなデザインをしています。

味はそのままであり、デザインもあまり変化のないまま50年が経ちました。

そんなココナッツサブレも、50周年の節目に変化させたそうです。

worpman
worpman
ココナッツサブレって、昔からそれほど変わらないものだったんだね

量が減ったのはいつ?


1965年の発売から50年も変わらなかったココナッツサブレ。

変わらなすぎた為、過去との決別をしたそうです。

そして2016年10月に、大胆なイメージチェンジを図りました。

それは小分け包装による、量の減少です。

もともとは22枚入りでしたが、それを5枚入り4パックの小分けにされました。

2枚減少という大きな結果です。

ただ「食べる量の調整」・「いつもサクサクの食感」・「持ち運びやすさ」・「周りとのシェア」というメリットも誕生しました。

なお「湿気ても食べたい」「最後まで食べるのが良かった」という残念を惜しむ声もあったそうです。

worpman
worpman
ちょっと食べるつもりが、結局全部食べてたね

私もココナッツサブレをそんな風に食べていた1人でした^^

値段はいくら?


ココナッツサブレは、1袋150円(税別)です。

これは他の味でも同じ値段です。

ただココナッツサブレには、ココナッツサブレミニという商品もあります。

ココナッツサブレとココナッツサブレミニとでは、値段も異なるようです。

【ココナッツサブレミニの値段】

ミニ1袋86円(税込)
ファミリーパック1袋258円(税込)
ミニ4連1袋162円(税込)

取り扱っている店舗によっては値段も前後するでしょう。

worpman
worpman
レギュラーサイズは150円で統一されて分りやすいね

カロリーはどれくらい?


ココナッツサブレミニのものです。

画像のように1袋あたりで計算されています。

またココナッツサブレのカロリーは以下の通りです。

【ココナッツサブレのカロリー】

ココナッツサブレ5枚 あたり 143kcal
発酵バター5枚 あたり 142kcal
ベイクドチーズ5枚 あたり 138kcal
トリプルナッツ5枚 あたり 147kcal

味の違いによって、カロリーにもわずかな差がありました。

そしてミニのカロリーは下記の通りになります。

【ココナッツサブレミニのカロリー】

ミニ1袋50g あたり 239kcal
ファミリーパック1袋25g あたり 117kcal
ミニ4連1袋20g あたり 94kcal

ココナッツサブレとミニでは、カロリーの表記の仕方も違います。

そもそもココナッツサブレとミニとでは、大きさが違いますよね。

ただココナッツサブレ10枚分のカロリーとミニが同じくらいだったことは、個人的にもちょっと意外でした。

worpman
worpman
ミニはカロリーが高いそうに見えないところが意外かも

今回のココナッツサブレの量の変化などについていかがでしたか。

まとめ

Point

●日清シスコが製造しているビスケット

●2016年10月から小分け包装で20枚入りに変わった

●ココナッツサブレは1袋150円で、ミニは様々

●カロリーはミニが高く感じるが、実際はそうではなかった

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。