お菓子

亀田のカレーせんはどこのコンビニにあるか?値段やカロリーはいくら?


亀田製菓といえばハッピーターンや柿の種のイメージが強いですね。

カレーせんべい=亀田製菓のイメージがありません。

しかもカレーせんコンビニで見かけたことがない気がします。

どこコンビニであれば売ってあるのでしょうか?

また値段カロリーはどれくらいでしょうか?

今回は亀田カレーせんについて調べてみました。

Sponsored Link


亀田のカレーせんとは


亀田製菓から製造販売しているおせんべい米菓)です。

文字通り亀田製菓から登場したカレーせんべいのことを指します。

味と香りはカレー風味です。

形は平らな丸い形をしています。

CMの最後に流れるフレーズに「亀田のあられ、おせんべい♪」は印象的です。

このフレーズは亀田製菓のキャッチフレーズでもあるようです。

(´・ω・`) 『何だか耳に残るフレーズだよね』

どこに売ってあるか?

Sponsored Link



私は近所のディスカウントストアで「亀田のカレーせんミニ」を見つけました。

カレーせんは、コンビニやスーパーなどお菓子を販売している店舗なら売ってあるでしょう。

そしてお菓子を買うお店としてよく利用されるのがスーパーやコンビニではないでしょうか。

ただコンビニで柿の種やハッピーターンは見かけるのに、カレーせんは見かけたことはありますか?

スーパーだとカレーせんも置いてありそうですが。

(´・ω・`) 『カレーせん置いてあったっけ?』

ちなみに私はコンビニに行ってもそんな感じでした^^;

どんなカレーせんであればコンビニにあるのかを調べてみました。

公式サイトによると、「11枚 亀田の懐かしカレーせん」という商品があります。

このカレーせんはコンビニ先行商品です。

つまりコンビニで見かける可能性が一番高いカレーせんとも言えるでしょう。

そしてお菓子の中のおせんべいやあられコーナーにおいてある可能性が高いとも考えられますね。

なるべく大きい店舗のコンビニを探される方が良いと思います。

取り扱っている商品の数も違いますから、入手しやすくなっているでしょう^^

値段はいくらか?

カレーせんの値段は下記の通りです。

【カレーせんの値段】
●18枚 亀田のカレーせん
188円(税込)
●11枚 亀田の懐かしカレーせん
不明
●21g 亀田のカレーせんミニ
52円(税込)
●52g 亀田のカレーせんミニ
121円(税込)

52~188円と200円はしないようですね。

コンビニ先行発売の11枚は分かりませんでした。

なお内容量が18枚入りよりも少ない為、180円はしないと考えられます

(´・ω・`) 『コンビニ先行のだけ分らなくごめんなさい』

カロリーはどれくらい?


画像はカレーせんミニのものです。

また、カレーせんのカロリーは下記のようにもなっています。

【カレーせんのカロリー】
●18枚 亀田のカレーせん
1枚あたり41kcal
1袋18枚だと738kcal
●11枚 亀田の懐かしカレーせん
1枚あたり43kcal
1袋11枚だと473kcal
●21g 亀田のカレーせんミニ
1袋あたり105kcal
●52g 亀田のカレーせんミニ
1袋あたり260kcal

ミニと枚数などの表記が異なっていました。

大きさとしては、21g52g11枚18枚です。

18枚入りが一番カロリーが高い結果となりました。

ただ21gも7袋食べてしまうと、18枚入りと同じくらいのカロリーを摂取することになります。

食べ過ぎにも注意したいですね。

(´・ω・`) 『738kcalは、1食分の食事に相当しそうなカロリーだよね』

そう考えるとミニで抑えておきたいかなぁって思いました^^

今回の亀田のカレーせんはいかがだったでしょうか。

まとめ

point

●亀田製菓から販売しているカレーせんべい

●11枚の先行商品ならばコンビニでも見かけられる

●値段は、1袋52~188円

●21gが一番低くく、18枚入りが高カロリー

関連記事

ハッピーターンの粉だけ販売されているの?名前や成分は何か?

ハッピーターンのハート型の確率はどれくらい?包み紙はどうか?

揚げパンダのきなこ味の値段はいくら?カロリーはどれくらい?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 新卒から現在までに職を転々としています。大人になった今でもお菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子をよく好んで食べています。そんなお菓子好きがお菓子の情報をお届けしたいと思い、ブログ通して発信しています。