お菓子のチョコ太郎にはどんな種類があるの?値段やカロリーはいくら?

      2017/12/30


スーパーBIGチョコを小さくしたような菓道チョコ太郎

このお菓子にも名前でお馴染みの太郎が付いていますね^^

ちなみにチョコ太郎にはどんな種類があるのでしょうか?

また値段カロリーはどれくらいするのでしょうか?

今回はチョコ太郎について調べてみました。

Sponserd Link

チョコ太郎とは


株式会社菓道が製造したチョコレート菓子です。

サクサクのコーンスナックの上からチョコレートをコーティングしています。

縦5cm×横7.5cm×厚さ1cmのサイズです。

またチョコ太郎はピーナッツ入っています。

パッケージには帽子をかぶったピーナッツのキャラクターが描かれています。

黄色とオレンジの縞模様なカラーですね。

(´・ω・`) 『菓道なのでおなじみの太郎が名前に付いてるね』

ピーナッツ入りだから、キャラクターもピーナッツなんでしょうね^^

どんな種類があるのか?

Sponserd Link

チョコレートとしてみれば、1種類だけしかないでしょう。

ただ太郎シリーズとしてみた場合は下記のような種類がありました。

●チョコ太郎
●蒲焼さん太郎
●焼肉さん太郎
●わさびのり太郎
●お好み焼さん太郎
●カルビ太郎
●酢だこさん太郎
●のし梅さん太郎
●甘いか太郎
●いか太郎
●のしいか太郎
●餅太郎
●ニューもち太郎
●キャベツ太郎
●玉ねぎさん太郎
●もろこし輪太郎
●キャベツ太郎
●朝のラスク屋さん太郎
●ラーメン屋さん太郎
●やきそば屋さん太郎
●どーん太郎

21種類の太郎が確認できました。

太郎だけだといろんな種類があるものですね^^

(´・ω・`) 『菓道のお菓子は、チョコのイメージがあまりないかも』

スナック菓子やシート型のお菓子というイメージが強いのでしょう。

値段はいくらか?

1本20円(税別)です。

駄菓子の部類ですね。

コンビニやスーパーだと21円(税込)でしょうか。

ブラックサンダーくらいの大きさですね。

値段で見れば20円のチョコ太郎の方がお得でしょう。

(´・ω・`) 『ただどっちも捨てがたいよね』

カロリーはどれくらい?


画像は1枚あたりで計算されていますね。

これだけでは高いのか低いのか何とも言えません。

そこで比較の対象にブラックサンダーを上げます。

理由は同じ大きさだったからです。

比較したらブラックサンダーの約3分の2程でした。

ただボリュームはブラックサンダーがあるように感じます。

(´・ω・`) 『同じ大きさでもボリュームで変わるもんだね』

比較しながらそんな風に感じました。

今回のチョコ太郎はいかがだったでしょうか。

まとめ

point

●菓道が製造したチョコスナック

●太郎というお馴染みの名前がついている

●チョコだと1種類だが、太郎だと21種類もある

●1本20円で、税込だと21円ほど

●ブラックサンダーの3分の2程度のカロリー

関連記事:お菓子のチョコはどこのメーカーが作っているの?種類やおすすめを紹介!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponserd Link

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!


 - お菓子 , , , , ,