お菓子

きのこの山とたけのこの里の違いはどこ?カロリーや値段はどうか?


明治で人気のお菓子と言えばきのこの山たけのこの里がありますね。

どちらもサクっとして美味しいですよね^^

ちなみに私は小さい頃はきのこの山派でした。

そんなきのこの山たけのこの里ですが、どんな違いがあるのでしょうか?

カロリー値段はどうでしょうか?

今回はきのこの山たけのこの里違いについて調べてみました。

Sponsored Link


きのこの山とたけのこの里とは


株式会社明治から製造販売されているチョコレート菓子です。

きのこの山はアポロがきっかけとなり誕生したお菓子です。

1975年から発売されました。

きのこの山の発売から4年後に登場したのがたけのこの里です。

両者とも今では日本を代表するお菓子になっています。

(´・ω・`) 『アポロときのこの山には意外な関係性があったのか』

きのこの山とたけのこの里についてもう少し深堀してみました。

きのこの山について


アポロにクラッカーをつけることできのこの形になっています。

キャラクターはきの山さんという名前です。

パッケージはのどかな山村をイメージしたものを採用しています。

これは当時の日本の時代背景に関わっているようです。

たけのこの里について


きのこの山に続く商品として誕生しました。

こちらはクッキー生地を採用しています。

また型焼という呼ばれる手法を用いて、たけのこの形が出来上がりました。

たけ里ブラザーズというキャラクターがいます。

兄のたけっち弟のさとっちという名前がありました。

(´・ω・`) 『ちょっとキャラクターには馴染みがないなぁ』

カロリーはどれくらい?

Sponsored Link



比較しやすいエンジョイパックで確認しました。

両者とも1袋5コ入りでした。

まずはきのこの山からです。

きのこの山は1袋12gで計算されていました。

1コあたり約3gです。

カロリーだと1コ13.6kcalですね。

続きましてたけのこの里です。

たけのこの里は1袋11gで計算されていました。

1コあたり約2gです。

カロリーだと1コ12.2kcalですね。

きのこの山の方がカロリー面では僅かに高いことが分かりました。

(´・ω・`) 『きのこの山の方が僅かに高かったのか』

値段はいくらか?

両者とも1箱約200円(税別)と同じです。

税込であれば216円ほどでしょうか。

なお取り扱いの店舗によって値段は変わってきます。

ちなみに1箱だときのこの山は74gですが、たけのこの里は70gです。

もしかしたらきのこの山が1コ分多く入っているように感じますね。

ただ本当に1コ多かった場合は少しだけお得でしょう^^

(´・ω・`) 『1コ違うだけでちょっと得した気分にはなれるね』

他の違いはどうか?

某テレビ番組でも両者の違いを検証されていました。

これらをふまえて書き出してみました。

【両者の違い】
●生地
クラッカー or クッキー
●形
きのこ or たけのこ
●長さ
2.5cm > 2.3cm
※ほんの少しの差
●カロリー
きのこ > たけのこ
※0.6kcalの差
●チョコ
きのこ > たけのこ
※およそ1.4倍ほど
●売上
きのこ < たけのこ
※倍違うこともある

6つほどの違いが見えてきました。

(´・ω・`) 『確かにきのこの山の方が大きく見えるかもしれないね』

長さやチョコの量から納得しました^^

ちなみにチョコは両者とも2層構造になっているそうですよ。

きのこの山とたけのこの里の違いはいかがだったでしょうか。

まとめ

point

●明治より製造販売しているチョコレート

●カロリーはきのこの山の方が僅かに大きい

●値段はきのこの山の方がすこしだけお得

●6つほどの違いが見られた

関連記事

きのこの山とたけのこの里はどちらが人気なの?戦争とは何か?

アポロチョコは全部で何種類あるの?値段やカロリーはどれくらい?

ヤンヤンつけボーはいつから発売しているの?値段やカロリーはいくら?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。