お菓子

勝ちグミとはどのようなお菓子か?値段やカロリーはどれくらい?

近所のスーパーで受験シーズンにちなんだお菓子が並んでいました。

その中に気になるグミを発見しました。

その名も「勝ちグミ」です。

パッケージには勝尾寺の名前があります。

これはコラボしている可能性がありそうですね。

ちなみに値段カロリーはどれくらいなのでしょうか?

今回は勝ちグミについて調べてみました。

勝ちグミとは

ネコ
ネコ
勝ちグミはどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、勝ちグミについて説明していくよ


味覚糖株式会社から製造販売されているグミです。

大阪の箕面(みのお)にある「勝尾寺」とコラボしたお菓子でもあります。

また勝尾寺にある「勝ちダルマ」をグミで再現したものです。

勝ちダルマのあらゆる勝負の場面を迎えたときのように、「自分に打ち勝つパワー」がこのグミには込められています。

そして袋は食べ終わった後になんと、「勝運御守り」として持ち歩けるような仕様とされているそうです。

ちなみに勝ちグミの味は、ももだけのようです。

worpman
worpman
袋がお守りとしても活用できるんだね

せっかくなので、勝尾寺について少しだけ深堀してみました。

勝尾寺について

奈良時代に大阪府箕面市で創設されました。

清和天皇の玉体安陰を祈って効験があったそうです。

そのことから、「王に勝った寺」の意で「勝王寺」の寺号を帝より承ったとされています。

また勝運の寺として信仰されてきました。

源氏や足利、徳川など各時代の覇者たちがこぞって勝運を祈りに参拝を重ねてきた歴史があるそうです。

現在は、「人生のあらゆる場面に勝つ寺」として受験以外にも、厄除け・病気・スポーツ・商売・芸事など、全国より多くの参拝者がこの寺を訪れているそうです。

worpman
worpman
勝ち運にご利益のありそうな歴史あるお寺だったんだね

値段はいくら?


勝ちグミは、1袋102円(税込)です。

近所のスーパーの受験応援グッズのコーナーに置いてありました。

ただ発売先はセブンイレブン全国となっています。

おそらくスーパーは全国の部分に該当するかもしれません。

またセブンイレブンとあるように、ローソンやファミマには置いてない可能性が高いでしょうね。

ちなみに参考小売価格は118円(税込)ほどです。

スーパーだと10円も安く買うことが出来ました。

worpman
worpman
スーパーでは今回、偶然にも安く買えて良かったね

カロリーはどれくらい?


勝ちグミのものです。

画像のように1袋あたりで計算されています。

勝ちグミは1袋に11粒ほど入っており、1粒あたり約7≒7.18kcalほどですね。

ちなみに1粒の重さが約3gほどであり、大きさは約1.8㎝の厚さ0.8cmほどでした。

ちなみに約70粒食べると約500kcal(1食分)ほどとなり、約140粒であれば、約1,000kcalに相当するでしょう。

worpman
worpman
カロリーがグミだと、他のお菓子よりもカロリーが抑えられている感じがするね

そんな勝ちグミを食べて、勝ち運をいただいてみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●味覚糖が勝尾寺とコラボして販売しているグミ

●1袋118円ほど、スーパーだと102円だった

●1袋11粒で79kcalで、1粒なら約7kcal

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。