お菓子

亀田の柿の種とモスバーガーがコラボ?どんな味でうまいのか?

おつまみやお菓子でとしても美味しい亀田柿の種

柿の種とピーナッツの相性も良いですよね^^

そんな柿の種からコラボ商品が登場したようです。

それは「モスバーガー」です。

いったいどんなでしょうか?

また、食べるとうまいのでしょうか?

今回は亀田柿の種コラボについて調べてみました。

亀田の柿の種とは

ネコ
ネコ
亀田の柿の種はどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、亀田の柿の種について説明するよ


亀田製菓株式会社から製造販売されている米菓です。

亀田の柿の種は、米菓の売り上げNo1となっています。

1966年にピーナッツ入りの柿の種が誕生しました。

当時の柿の種とピーナッツの比率が7:3でした。

それが現在では、6:4の比率になっているそうです。

また1年間に地球から月まで届く量を生産し、1万トン以上のお米を使用しています。

発売から50年もの間も変わらない味を守り続けているそうです。

そして「たねっち」と「ぴーなっち」というキャラクターがいます。

worpman
worpman
確かに柿の種と言えば亀田というくらいイメージがあるよね

ちなみに10月10日は亀田の柿の種の日と言われているそうです。

モスバーガーとのコラボについて


モスバーガーは、1972年に誕生したハンバーガー専門店の会社です。

そのモスバーガーと亀田製菓が初めてコラボレーションしました。

モスバーガーの人気メニューを、亀田製菓の柿の種で再現したものです。

2018年5月14日から6月末までの期間限定で販売されます。

worpman
worpman
まるで夢のコラボが実現したかのようだね

どんな味なのか


それは「テリヤキバーガー風味」です。

和風ハンバーガーの代表格とも言える「テリヤキバーガー」を再現しています。

モスバーガー監修により実現しました。

柿の種に旨みと甘みのバランスが絶妙なテリヤキソースの味わいと、マヨネーズのコクが効かせてあります。

テリヤキバーガー風味は、182gの6袋詰と50gの食べきりサイズで発売されます。

値段は、182gの6袋詰なら、1つあたり280円前後です。

また50gの食べきりサイズは、1つ100円前後です。

近所のファミマでも、1袋108円(税込)で販売されていました。

worpman
worpman
テリヤキバーガー風味の柿の種って、どこかイメージしにくいかも

カロリーはどれくらい?


テリヤキバーガー味のものです。

画像のように1袋あたりで計算されています。

1袋に対しなかなかの高カロリーだと感じました。

ちなみに柿の種10粒で3gありました。

1粒0.3gほどです。

カロリーなら1粒で1.416kcalほどでしょうか。

ピーナッツは6粒で4gでした。

1粒1.5gほどです。

カロリーなら1粒で7.08kcalですね。

するとピーナッツ1粒分が柿の種5粒分に相当していますね。

worpman
worpman
柿の種よりも、ピーナッツの方がカロリーは高いのか

うまいのか?


あまじょっぱい感じが普通に美味しいです。

最初にテリヤキソースの甘さが良いですね。

マヨネーズの美味しさまでちゃんと表現されていました。

そして柿の種の塩気のある味わいも残っています。

それでももうちょっと食べたくなる味ですね。

なお個人差があるかと思いますが、辛さは感じられませんでした。

worpman
worpman
50gはちょっと物足りないけど、カロリーがひっかかるよね

そんな亀田の柿の種とコラボした柿の種はいかがでしたか。

まとめ

Point

●亀田製菓から製造販売している米菓

●モスバーガーとのコラボで実現

●味はテリヤキバーガー風味

●もうちょっと食べたくなるほど、美味しい

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。