お菓子

ハッピーターンのチーズとしょうゆの味は美味しい?値段やカロリーはどうか?

食べだすとやみつきなるほどはまってしまうハッピーターン

あの不思議な粉に魅力を感じてしまいますね^^

先日チーズしょうゆの組み合わせのものを発見しました。

パッケージの見た目は美味しそうですが、美味しいのでしょうか?

また値段カロリーはどれくらいでしょう?

今回はハッピーターンチーズしょうゆについて調べてみました。

ハッピーターンとは

ネコ
ネコ
ハッピーターンはどんなお菓子なのかニャ
worpman
worpman
それじゃあ、ハッピーターンについて説明するよ


亀田製菓株式会社が製造販売している米から作ったお菓子です。

1976年の発売から40年以上も愛され続けているロングセラー商品ですね。

当時の日本は、オイルショックの影響で不景気でした。

そこで「幸せ(ハッピー)がお客様の所へ戻る(ターン)ように」という願いをこめて名付けられました。

ちなみにハッピーターンにかかっている不思議な粉は、「ハッピーパウダー」と言います。

このハッピーパウダーが取れないように、キャンディーの様な包みになっているそうです。

この包みのおかげで手が汚れることなく、粉も取れることなくキレイに食べることが出来ますね^^

そしてハッピーターンには、「ターン王子」というキャラクターがいます。

worpman
worpman
ハッピーパウダーが、ハッピーターンの魅力の1つでもあるよね

チーズとしょうゆの味について


正確には「コク旨和風チーズ味」のハッピーターンのことです。

チーズにしょうゆをちょい足しされた味わいがあります。

2018年3月5日から期間限定で発売されていました。

43gと92gの2種類がありましたが、43gは製造終了しているようです。

その為、43gは在庫分で終わってしまうでしょう。

92gであれば、また購入できる可能性は高めですね。

また期間限定のハッピーパウダーが使われているそうです。

worpman
worpman
限定のハッピーパウダーだと特別に感じるよね

値段はいくら?


コク旨和風チーズ味は、1袋43g入りで100円ほどです。

近所のファミマでは、1袋108円(税込)で販売されていました。

通常のハッピーターンは、1袋32g入りで50円ほどです。

2つ購入して同じくらいでしょう。

そう考えるとチーズとしょうゆの味のものは値段がちょっと高いように感じますね。

通常のハッピーターンの方がお得に感じるほどです。

worpman
worpman
32gのハッピーターンが2つも買える値段設定だったとは

カロリーはどれくらい?


画像はコク旨和風チーズ味のものです。

1袋あたりで計算されています。

また1枚分のカロリーは21kcalです。

これは親切にもパッケージに表記されていました。

そして5枚分が20gです。

すると1枚あたり4gということですね。

ちなみに個包装してあるハッピーターンも、21kcalです。

個包装と同じくらいだということが分かりますね。

worpman
worpman
味は違っても、カロリーは同じくらいなんだね

チーズとしょうゆの味は美味しいの?


実際に食べてみました。

開封するとチーズとハッピーターンの香りがします。

チーズの香りが苦手な人でなければ、気にならないでしょう。

食べてみるとチーズ風味のハッピーターンという感じがしました。

しょうゆの香りや味が感じられません。

まるでチーズおかきのようで、チーズが好きな私は美味しく食べられました。

チーズ風味ということでお茶請けだけでなく、ワインにも合いそうですね。

worpman
worpman
チーズおかきみたいで美味しかったよ

今回のハッピーターンのチーズとしょうゆの味についていかがでしたか?

まとめ

Point

●亀田製菓から製造販売している米を使ったお菓子

●コク旨和風チーズ味のハッピーターン

●値段は1袋108円ほどで、カロリーは226kcal

●チーズの香りと味が強めだが、美味しかった

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。