お菓子

ビーフジャーキー太郎はどんな味?値段やカロリーはどれくらい?

菓道太郎シリーズから新しいが登場したのをご存知でしょうか。

それは「ビーフジャーキー太郎」です。

ビーフジャーキーは干したお肉でしょう。

この太郎シリーズは魚介シートで出来ています。

するとどんながするのでしょうか?

また値段カロリーはどれくらいでしょう?

今回はビーフジャーキー太郎について調べてみました。

○○さん太郎とは

ネコ
ネコ
○○さん太郎はどんなお菓子なのかニャ
worpman
worpman
それじゃあ、〇〇さん太郎について説明していくよ

株式会社菓道が製造している駄菓子です。

スナック菓子やシート状のお菓子などがあります。

商品名に○○(さん)太郎という名前が付いているのが特徴です。

太郎シリーズのお菓子とも言えるでしょう。

ちなみにシート状のものは、稀に2枚入っていることがあるそうです。

worpman
worpman
菓道から出るこのシリーズは、ほとんど太郎って付いているよね

どんな味なのか?


ビーフジャーキー太郎は、魚のすり身にビーフ味を混ぜています。

さらにシート状にのばしたものを、食べやすい大きさにカットしています。

そしてコショウなどの香辛料で、味付けして仕上げています。

ビーフジャーキー風味を再現しているそうです。

名前の通りそのままの味とも言えるでしょう。

worpman
worpman
ビーフジャーキー味ってことだね

値段はいくらか?


値段は1枚10円ほどです。

12円(税込)で販売しているところが多いでしょう。

近所のスーパーでは16円でした。

蒲焼さん太郎などと比べると、ちょっと高いですね。

お菓子に限らず、近年食料品などを値上げをしていることを考えれば、10円を維持するのは難しいことなのかもしれませんね。

以前は値段を維持するために、小さくしていたようです。

それが12円になっていることから、値上げせざる負えなかったのでしょう。

worpman
worpman
この太郎シリーズが倍の20円になってしまうとちょっと考えてしまうよね

カロリーはどれくらい?

正直なところ不明としか言えません。

ただある程度近い数値は出せるでしょう。

それは酢だこさん太郎以外のカロリーが、どれも同じだったからです。

蒲焼さん太郎などのカロリーは1枚10kcalあります。

するとビーフジャーキー太郎もおそらく10kcalほどであると考えられるでしょう。

worpman
worpman
さすがにビーフジャーキー太郎だけ20kcal以上とか考えにくいよね

ビーフジャーキー太郎は美味しいの?


実際に食べてみました。

開封するとビーフジャーキーの美味しそうな香りがします。

魚肉のシートではありますが、ビーフの味を再現しているようです。

まさにお肉のようなクオリティだと感じられました。

蒲焼さん太郎などパリパリしているものがあります。

ただビーフジャーキー太郎は、ほど良い水分量を含んでいました。

ビーフジャーキーが好きな方であれば、値段の割には悪くないでしょう。

1枚じゃ満足できないほど、美味しかったです。

またお酒のおつまみとしても申し分ない出来だと思っています。

worpman
worpman
もう少し食べたい味だね

ビーフジャーキー太郎をお酒のお供にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●菓道が製造している太郎シリーズの駄菓子

●ビーフジャーキー風味のシート状のお菓子

●値段は1枚12円ほどで販売しているところが多い

●カロリーは1枚10kcalほど

●ビーフジャーキーの再現度が高く、美味しかった

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。