お菓子

アンパンマンのキャラメルコーンの違いはどこ?値段やカロリーを比較

キャラメル風味のスナック菓子であるキャラメルコーン

サクっとした食感とほど良い甘さがたまりませんね^^

先日「アンパンマンキャラメルコーン」を発見しました。

見た目は同じキャラメルコーンのようですが、通常品との違いはどこでしょう?

値段カロリーはどうでしょうか?

今回はキャラメルコーンとの違いを比較してみることにしました。

キャラメルコーンとは

ネコ
ネコ
キャラメルコーンはどんなお菓子なのかニャ
worpman
worpman
それじゃあ、キャラメルコーンについて説明するよ

株式会社東ハトが製造販売しているスナック菓子です。

コーングリッツを主な原料としています。

小さいピーナッツが入っているのが特徴です。

このピーナッツは、乾燥剤と甘さを引き立てる2つの役割を担っています。

1971年の発売から今も愛され続けているロングセラー商品です。

2003年にはパッケージが新デザインへとリニューアルされました。

worpman
worpman
キャラメルコーンのピーナッツの存在感は大きいよね

アンパンマンのキャラメルコーンについて


株式会社東ハトが製造し、株式会社バンダイから販売しているキャラメルコーンです。

アンパンマンの顔がパッケージのデザインとなっています。

主な原料はコーングリッツです。

また牛乳100ml分ほどのミルクカルシウムが含まれています。

これは通常のキャラメルコーンには含まれていません。

キャラメルコーンに入っているピーナッツが、アンパンマンのキャラメルコーンには入っていません

worpman
worpman
子どもが喜びそうなアンパンマンのデザインだね

値段はどうか?


通常のキャラメルコーンは、1袋80g入りで122円です。

アンパンマンのキャラメルコーンは、1袋53g入りで92円でした。

内容量が多い方が高くなるのは必然でしょう。

ただ30gで30円ほど高いことに、少し違和感を感じました。

そこで通常のキャラメルコーンを、アンパンマンのキャラメルコーンと同じ分量にした時の値段で割り出してみました。

すると53gなら約81≒80.825円のようです。

つまりアンパンマンのキャラメルコーンの方が割高であると言えるでしょう。

worpman
worpman
アンパンマンのキャラメルコーンの方が高いのか

カロリーはどれくらい?


アンパンマンのキャラメルコーンのものです。

1袋あたりで計算されています。

10粒で4gほどありました。

すると1粒が約2≒2.24kcalほどでしょうか。

1袋には約130粒ほど入っていることになるでしょう。

また通常のキャラメルコーンは1袋80g入りで452.2kcalです。

アンパンマンのキャラメルコーンのカロリーは、通常のキャラメルコーンの3分の2ほどとも言えるでしょう。

worpman
worpman
小さな袋の中に結構な数のキャラメルコーンが入っているんだね

他にはどんな違いがあるのか?


実際に食べてみることにしました。

香りはキャラメルコーンと同じでしょうか。

香ばしいキャラメル風味ですね。

通常のキャラメルコーンよりも小さく見えます。

パッケージにもこつぶタイプとありました。

食感はサクサクしています。

ただ通常のキャラメルコーンの方が柔らかく感じました。

その為、小さなお子様には食べ応えもあるように感じます。

親御さんが注意して見守る方が良いでしょう。

のどに詰まらせる可能性も否定できません。

小量でカルシウム入りであることを考えれば、大人が食べても十分美味しいです。

worpman
worpman
小さなお子様向けだけど、大人が食べても美味しいね

今回のアンパンマンのキャラメルコーンについていかがでしたか。

まとめ

Point

●アンパンマンがデザインのキャラメルコーン

●1袋92円と割高である

●カロリーは小量で297kcalと高め

●こつぶでカルシウムが入っており、ピーナッツがない

●大人が食べても普通に美味しい

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。