お菓子

森永のふにゃんぽりんはどんな食感なのか?ソーダ味は美味しいの?

グミと言えば弾力性に特徴のあるお菓子ですよね。

そんな特徴がある中に気になるグミを発見しました。

それは「森永製菓ふにゃんぽりん」です。

パッケージに不思議なグミとあって、どんな食感なのでしょうか?

ソーダ味のグミとありますが、美味しいのでしょうか?

今回はふにゃんぽりんについて調べてみました。

ふにゃんぽりんとは

ネコ
ネコ
ふにゃんぽりんはどんなお菓子なのかニャ
worpman
worpman
それじゃあ、ふにゃんぽりんについて説明するよ

森永製菓株式会社から製造販売しているグミです。

小さな子どものいるご家庭を対象にしているお菓子でもあります。

子どもが喜びそうなデザインや手が汚れにくいそうです。

ラムネをグミの中に閉じ込めることで新しい食感があります。

味は子どもに人気のソーダ味とグレープ味の2種類です。

2018年3月13日から全国で販売されています。

もともとは2月27日からコンビニなどで先行発売されていたそうです。

worpman
worpman
新しい食感で手が汚れにくいとなると、ちょっと惹かれそうだね

値段はいくらか?


ふにゃんぽりんは1袋76円(税込)です。

近所のディスカウントストアでは、ソーダ味が75円(税込)で販売されていました。

グミのお菓子は1袋100~200円ほどですから、ちょっと安いようには感じるでしょう。

ただパッケージが小さめで軽いため、実際は割高感があるのではないでしょうか。

なお、グレープ味も1袋75円(税込)です。

worpman
worpman
1袋100円切っているけど、小さめなのか

カロリーはどれくらい?


ソーダ味のものです。

1袋あたりで計算されています。

100kcalは割っているようです。

また1袋に8個ほど入っていました。

すると1個あたり約11≒10.5kcalほどでしょうか。

さらに1袋で23mgのカルシウムが摂取可能です。

worpman
worpman
カロリーも100kcalを割って、カルシウムまで摂れるのは良いね

どんな食感で美味しいの?


実際に食べてみました。

開封すると子どもにも喜びそうなソーダの香りがします。

大きさをしたサイコロのようなグミが8個ほど入っていますね。

中にラムネが入っているのがうっすらと分かるでしょう。

グミはプニプニとした弾力があります。

食べてみるとグミがだんだん口の中で溶けていくようです。

口の中では弾力性のあるグミとは言い難いですね。

そしてラムネの食感だけが残るように感じました。

確かに不思議な食感ではあるようです。

ソーダ味も美味しく感じられました。

ただソーダ味が苦手であり、マシュマロのような食感が嫌いであれば、美味しく感じられない可能性もあるでしょう。

worpman
worpman
マシュマロみたいな食感なのに、プニプニとした弾力があって不思議だね

そんなふにゃんぽりんで不思議な食感を確かめてみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●森永製菓から製造販売しているラムネ入りのグミ

●ソーダとグレープの2種類の味がある

●値段は1袋76円で、カロリーは84kcalほど

●弾力はあるのに、口の中では溶けてしまう不思議な食感だった

●ソーダ味は普通に美味しかった

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。