お菓子

ボンタンアメがオブラートに包まれている理由は?値段やカロリーはいくら?

誰もが一度は目にしたことのあるお菓子ボンタンアメ

その名を知らないという方はあまりいらっしゃらないでしょう。

そんなボンタンアメですが、包み紙ではなくオブラートに包まれていますよね。

いったいそれはどういった理由からでしょう?

また値段カロリーはどれくらいでしょうか?

今回はボンタンアメについて調べてみました。

ボンタンアメとは

ネコ
ネコ
ボンタンアメはどんなお菓子なのかニャ
worpman
worpman
それじゃあ、ボンタンアメについて説明するよ


鹿児島にあるセイカ食品株式会社から製造販売している飴菓子です。

ボンタンアメは1924年と大正時代に誕生しました。

誕生の背景には、セイカ食品の前身にあたる鹿児島菓子株式会社の時代にあります。

当時は水飴の製造を生業としており、創業者が水飴で作った飴を社員がハサミで細かく切っていたところをヒントにしたそうです。

そこに色や香りを着けてキャラメルと同じような形で発売しました。

ボンタンアメはソフトキャンディやキャラメルのようなお菓子ですが、独特の食感や味わいが今も愛され続けている人気の秘密でもあります。

worpman
worpman
水飴で作られている飴って、熊本の郷土菓子の求肥というものらしいね

オブラートに包まれているのは何故?


ボンタンアメはオブラートに包まれたお菓子です。

オブラートとは、でん粉から造られる薄いフィルムを指します。

薬を服用される際などに使われるため、そのまま食べても問題ありません

ただ中には包み紙と勘違いして剥がして食べられる方もいらっしゃるでしょう。

またボンタンアメの主な原料はボンタン果汁・水飴・もち米などです。

もち米にある粘り気が製品同士がくっついてしまうという問題が発生しました。

その問題を解消するためにオブラートが使用されていると言われているそうです。

ボンタンアメは包み紙に変わることなく、今もオブラートのままとなっています。

worpman
worpman
オブラートが粘り気という問題の解決につながったのか

値段はいくら?


ボンタンアメは1箱130円(税込)です。

地元のスーパーなどでも販売していますが、旅行先のお土産屋で、地元の名産品として購入しました。

ボンタンアメは1箱14粒入りです。

すると1粒が約9≒9.285円ほどでしょう。

worpman
worpman
ボンタンアメは1箱130円なんだね

カロリーはどれくらい?


ボンタンアメのものです。

1箱あたりで計算されています。

ちなみに14粒入りですから、1粒だと約17≒17.071kcalですね。

worpman
worpman
ボンタンアメ1粒が17kcalくらいなんだね

ボンタンアメは美味しいの?


実際にボンタンアメを食べてみました。

開封すると、オブラートに個包装されたボンタンアメが陳列しています。

柑橘系の香りは分かりません。

グミやお餅のような弾力があります。

口に含めるとオブラートが徐々に溶けます。

なおオブラートは味がしません。

オブラートが溶けてから、ようやくボンタンなどの柑橘系の味わいがします。

グミほどの弾力はありませんが、食感がお団子に近いでしょう。

1粒食べると、もう1粒と食べたくなりますね。

worpman
worpman
1粒じゃ収まりが利かないくらい、もう1粒食べたくなる美味しさだね

そんなボンタンアメを、おやつや間食に召し上がってみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●セイカ食品から製造販売している飴菓子

●粘り気の問題を解消するためにオブラートを使用している

●値段は1箱130円

●カロリーは1箱239kcal

●1粒食べると病みつきになる美味しさ

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。