お菓子

亀田の柿の種のピーナッツの比率はどれくらい?名前の由来は何か?

ピーナッツとの組み合わせが美味しい亀田柿の種

お酒のおつまみにも欠かせない一品ですね^^

そんな柿の種ですが、そもそも柿の種名前由来はどこからきているのでしょうか?

また柿の種にはピーナッツが入っていますが、どれくらいの比率でしょう?

今回は柿の種名前由来ピーナッツとの比率について調べてみました。

亀田の柿の種とは

ネコ
ネコ
亀田の柿の種はどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、亀田の柿の種について説明するよ


亀田製菓株式会社から製造販売されている米菓です。

あられのような柿の種とピーナッツが組み合わさったお菓子でもあります。

亀田の柿の種は、米菓の売り上げがNo1です。

また1966年にピーナッツ入りの柿の種が誕生しました。

それまでは柿の種やピーナッツを別々に量り売りしていたそうです。

そして1年間に地球から月まで届く量を生産し、1万トン以上のお米を使用しています。

発売から50年もの間も変わらない味を守り続けているそうです。

「たねっち」と「ぴーなっち」という名前のキャラクターがいます。

worpman
worpman
確かに柿の種と言えば亀田というくらいイメージがあるよね

ちなみに10月10日は亀田の柿の種の日と言われているそうです。

柿の種の名前の由来はどこから?


柿の種の形が、果物の柿の種に似ているからだそうです。

浪花屋製菓株式会社の創業者である今井與三郎氏という方が、柿の種を最初に作られました。

当時の柿の種は、薄くスライスした餅を何枚も重ねて、小判の形をした型で切り抜いたものです。

しかしその型を誤って踏みつぶしたことで、形が変形したと言われています。

変形した型のまま使用したことで、歪んだ形のあられが誕生しました。

歪んだ形のあられを販売していたところ、「形が柿の種に似ている」と言われたそうです。

そのヒントから柿の種が誕生したと言われています。

worpman
worpman
偶然生まれた形から柿の種の名前に繋がっていたんだね

柿の種に入っているピーナッツの比率は?


亀田の柿の種は、柿の種とピーナッツの比率が6:4と言われています。

誕生当時の比率は7:3だったようです。

それが顧客のニーズに応えることで、6:4へと変わったと言われています。

worpman
worpman
イメージでは対等な関係にも思えたけど、柿の種の方が多く入っているんだね

実際の比率は?


本当に6:4の比率なのか実際に計って観ました。

今回用意したものが1袋75g入りの柿の種です。

それを10等分にしたものを4倍にした重さが、ピーナッツの比率に当てはまるのではないかと考えました。

【計算の過程】
75(g)÷ 10(等分)=7.5(g)
7.5(g)× 4 = 30(g)

つまりピーナッツの重さが30gほどあれば、6:4の比率が成り立つと言えるのではないでしょうか。

大きめの皿を用意し、そこからピーナッツだけを小皿に移しています。

ピーナッツだけの重さを計ってみたところ、その重さは33gでした。

誤差の範囲かもしれませんが、ほぼ6:4だということがハッキリしましたね^^

worpman
worpman
柿の種の量から見ると、8:2や7:3に見えるけど、本当に6:4だったんだね

おつまみやおやつに柿の種を食べられる際は、果物の柿の種をイメージされてみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●亀田製菓から製造販売している米菓

●果物の柿の種の形に似ていたから

●柿の種とピーナッツの比率は6:4

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。