お菓子

チョコボールと森永ミルクキャラメルがコラボ?値段やカロリーはいくら?

エンゼルを既定の枚数集めるとおもちゃのカンヅメがもらえるチョコボール

そんなチョコボールから気になる味を発見しました。

それは「森永ミルクキャラメル」です。

ありそうで無かったコラボ商品みたいですが、値段カロリーはどれくらいでしょうか?

今回は森永ミルクキャラメルコラボしたチョコボールについて調べてみました。

チョコボールとは

ネコ
ネコ
チョコボールはどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、チョコボールについて説明するよ


森永製菓株式会社から製造販売しているチョコレート菓子です。

1967年の発売から、50年以上も愛され続けています。

50周年記念には50倍サイズのチョコボールが登場し、話題となりました。

レギュラー商品として、ピーナッツ・キャラメル・いちごの3種類があります。

ちなみに私はピーナッツがお気に入りです。

そして金のエンゼルなら1枚、銀のエンゼルなら5枚で、おもちゃのカンヅメが当たります。

worpman
worpman
50倍サイズのチョコボールはインパクトはあったよね

森永ミルクキャラメルとのコラボについて


森永製菓株式会社から製造販売しているキャラメルであり、105年も愛され続けている人気のお菓子です。

ビスケットをミルクキャラメル味のチョコでコーティングしています。

森永のミルクキャラメルの優しい味わいを再現したチョコボールです。

2018年11月1日からファミマで数量限定販売となっています。

worpman
worpman
パッケージにも森永ミルクキャラメルの味わいをイメージしましたとあるね

値段いくら?


森永ミルクキャラメル味は、1箱86円(税込)です。

職場近くのファミマに置いてありました。

内容量は1箱22gで16粒入りです。

ちなみにチョコボールにもキャラメルはあります。

こちらは1箱86円(税込)です。

なお森永ミルクキャラメルよりも6gも多く入っています。

また森永ミルクキャラメルは12粒入りで100円ほどです。

worpman
worpman
キャラメルでも値段は同じでも中身の数が違うのか

カロリーはどれくらい?


森永ミルクキャラメルのものです。

画像のように1箱あたりで計算されています。

ちなみにキャラメルは1箱あたり137kcalです。

内容量が少ない分カロリーも20kcalほど低いのかもしれません。

また1箱16粒入っていましたので、1粒あたり約7≒7.312kcalほどです。

そして森永ミルクキャラメルは1粒あたり21kcalあります。

チョコボールだと約3分の1程度のカロリーで済みますね。

worpman
worpman
森永ミルクキャラメルとして食べるよりも、チョコボールで食べる方がカロリーは低いのか

森永ミルクキャラメル味は美味しいの?


実際に森永ミルクキャラメル味を食べてみました。

箱の周りにフィルムを開封すると、ミルクキャラメルの甘いニオイがします。

見た目はきなこチョコに近い色合いでしょうか。

ビスケットをチョコでコーティングしている分、光沢のある感じに見えました。

いざ口にしてみると、風味は森永ミルクキャラメルです。

中にビスケットが入っており、サクサクとした食感が良いですね。

ミルクキャラメル風味のチョコとサクサクのビスケットとも絡み合って美味しいです。

worpman
worpman
チョコボールのキャラメルよりも森永ミルクキャラメルの方が個人的に好きだね

そんなファミマでしか味わえない、森永ミルクキャラメル風味のチョコボールを召し上がってみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●森永製菓から製造販売しているチョコレート菓子

●森永ミルクキャラメルの味わいを再現したチョコボール

●値段は1箱86円と他の味と変わらない

●カロリーは1箱117kcalほどで、1粒なら約7kcal

●森永ミルクキャラメルの風味とサクサクとした食感のビスケットが絡み合って美味しい

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。