お菓子

チップスターとチョコレートがコラボ?甘じょっぱさは美味しいの?

チップスターと言えば、ヤマザキビスケットを代表するポテトチップスですよね。

そのチップスター不二家コラボしたようです。

名前も「チップスターチョコレート」。

ポテトチップスとチョコレートの組み合わせだと甘じょっぱくなりそうですが、美味しいのでしょうか?

今回はチップスターチョコレートについて調べてみました。

チップスターとは

ネコ
ネコ
チップスターはどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、チップスターについて説明するよ


ヤマザキビスケット株式会社から製造販売しているスナック菓子です。

1976年に日本で初めて成型されたポテトチップスが誕生しました。

誕生から40年以上も愛されているロングセラー商品です。

チップスターはシンプルな味わいと、だ円形の形状が特徴でもあり、昔から変わりません。

また「ポテトチップで人気NO.1のスターになってほしい」という願いを込めてスタッフが呼んでいたことが、そのまま商品名になったと言われているそうです。

そして地球環境に配慮した100%紙製のリサイクルパッケージを1992年から使用しています。

worpman
worpman
チップスターはロングセラー商品といだけでなく、環境にも配慮したお菓子なのか

チョコレートとのコラボについて


株式会社不二家がヤマザキビスケットのチップスターとのコラボレーションにより誕生したお菓子です。

くちどけのよい焼きチョコレートをミルクチョコでコーティングし、さらにうすしお味のチップスターをクラッシュしてまぶしています。

サクサクの食感に甘じょっい味わいが楽しめる美味しさとなっているそうです。

worpman
worpman
クラッシュしたチップスターをまぶしたチョコが、チップスターチョコレートなんだね

値段はいくら?


チップスターチョコレートは、1袋130円(税込)です。

近所のファミマに置いてありました。

1袋46g入りで、8個入りです。

すると1個あたり約15≒16.25円くらいでしょうか。

ちなみにチップスターSは1本50g入りで、110円ほどだと言われています。

チップスターよりも20円ほど高いようです。

worpman
worpman
チップスターチョコレートは1袋130円だけど、チップスターよりも20円高いのか

カロリーはどれくらい?


チップスターチョコレートのものです。

画像のように1袋あたりで計算されています。

1袋で約250kcalほどあり、8個入りですから、1個あたりだと約30≒31.5kcalほどでしょうか。

なおチップスターSのうすしお味は1本あたり266kcalあります。

カロリー面ではチップスターよりも約15kcalほど低いようですね。

worpman
worpman
チップスターを1本食べる方が、チップスターチョコよりもカロリーは高いんだね

チップスターチョコレートは美味しいの?


実際にチップスターチョコレートを食べてみました。

うすしお味のチップスターをイメージしたパッケージデザインが印象的ですね。

パッケージを開封すると、チップスターとチョコレートが絡み合ったニオイがしました。

中身を取り出すと、丸く成型されたチョコレートにチップスターがまぶしてある感じが、まるで天ぷらのようですね。

いざ食べてみると、チョコレートの甘さに、ほのかにチップスターの塩加減が上手く調和して美味しいです。

しょっぱさよりも甘さの方が強いように感じました。

worpman
worpman
ポテトチップスとチョコレートも組み合わせ次第で合うものなんだね

そんなチップスターチョコレートを食べて、ロイズのポテトチップチョコの面影を思い出しました。

まとめ

Point

●チップスターはヤマザキビスケットから製造販売しているポテトチップス

●チップスターと不二家のコラボレーションにより誕生したお菓子

●1袋8個入りで130円で、カロリーは250kcalほど

●チップスターがチョコレートに邪魔しないように絡み合って美味しい

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。