お菓子

カンロのカミキンググミは硬い?どんな味が入っているのか?

お菓子にもいろんな種類がありますが、中には目に留まるようなお菓子もありますよね。

先日「カンロカミキング」というグミを発見しました。

このお菓子の王級というフレーズに惹かれましたが、どれほど硬いのでしょう?

またいくつかがあるようですが、どんなが入っているのでしょうか?

今回はカンロカミキングについて調べてみました。

カミキングとは

ネコ
ネコ
カミキングはどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、カミキングについて説明するよ


カンロ株式会社から製造販売しているグミキャンデーです。

カミキングは超弾力グミであり、噛みごたえのあるお菓子でもあります。

またパッケージの「この噛みごたえまさに王級!!」から、噛王となっているのでしょう。

worpman
worpman
とても硬く弾力のあるグミなのか

どんな味が入っているの?


カミキングは3つの味が入っています。

【味の種類】
●エナジーソーダ味
●エナジーコーラ味
●エナジージンジャーエール味

3つともエナジー系の味ですね。

もともとは、エナジーソーダ味とエナジーコーラ味の2種類でした。

いつの間にかエナジージンジャーエール味が加わり3種類となったようです。

またエナジーライムソーダ味が入っているカミキングもありました。

worpman
worpman
エナジー系の味が3つ入っているんだね

値段はいくら?


カミキングは1袋188円(税込)です。

職場近くのローソンに置いてありました。

1袋76g入りで、28粒のグミが入っています。

すると1粒あたり約7≒6.714円ほどでしょう。

ちなみに味が2種類だった頃は、70g入りで184円だったようです。

worpman
worpman
カミキングは190円くらいのグミだけど、1粒が7円くらいなのか

カロリーはどれくらい?


カミキングのものです。

画像のように1粒あたりで計算されており、約10≒9.6kcalほどあります。

また1袋に28粒入っていましたから、1袋だと約270≒268.8kcalでしょう。

味ごとに分けると、エナジーソーダ味は約70≒67.2kcalです。

次にエナジーコーラ味は約105≒105.6kcalであり、エナジージンジャーエール味は96kcalとなります。

ただ味によってカロリーが変わるわけではなく、数でカロリーが変わるだけです。

worpman
worpman
1粒が10kcalだけど、1袋だと270kcalくらいするんだね

カミキングは硬いの?


実際にカミキングを食べてみることにしました。

指で弾力を確かめてみると、硬めのゴムのような弾力に感じます。

また口の中で噛んでみても、結構な反発力がありますね。

ただ弾力はあっても、噛み切ることは出来ます

どの味であっても、風味に違いはあれど、弾力に差はありません。

噛めないほどの硬すぎるグミではなく、焼きスルメのような硬さには感じられました。

worpman
worpman
硬いという表現が当てはまるほどの硬さには感じられるかも

ちなみにカミキングは強力な弾力のあるグミですので、噛み過ぎて顎が痛くならないよう気をつけられてみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●カンロから製造販売しているグミキャンデー

●エナジー系の味が3種類入っている

●1袋28粒入って190円ほどで、1粒あたり10kcalくらい

●指や噛みごたえで強い反発を感じるほど硬かった

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!

ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。