お菓子

ポッキーのとろけるショコラは美味しいの?値段やカロリーはいくら?

プレッツェルにチョコがかかったグリコポッキー

ポキポキの食感とチョコが甘さがマッチして美味しいですよね。

そんなポッキーに「とろけるショコラ」があるそうです。

このとろけるショコラですが、高いイメージがありますが、美味しいのでしょうか?

また値段カロリーはどれくらいでしょう?

今回はポッキーとろけるショコラについて調べてみました。

ポッキーとは

ネコ
ネコ
ポッキーはどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、ポッキーについて説明するよ


江崎グリコ株式会社から製造販売しているチョコレート菓子です。

プレッツェルにチョコレートをかけた持ち手のあるお菓子でもあります。

ポッキーの食べる「ポッキンポッキン」という音から名前が由来しています。

1966年の発売から、プリッツに遅れて発売されました。

私はポッキーも、プリッツと同じ時期に発売されているようなイメージがありますが、ポッキーが後輩にあたるんですね^^

また持ち手があることで食べやすいことも嬉しいですね。

worpman
worpman
ポッキーを食べる時にチョコだけを先に食べて、後からプレッツェルを食べるのが食べ方をよくやっていたね

とろけるショコラについて


最も口どけのよいチョコレートを使用した冬季限定のポッキーです。

オランダ産のココアをプレッツェルに練り込み、ミルクチョコを纏い、ココアパウダーで仕上げています。

とろけるショコラは2019年1月29日から発売されていますが、2018年にも発売されていました。

worpman
worpman
とろけるショコラは2018年に見かけたことはあったけど、2019年にも発売されたんだね

値段はいくら?


とろけるショコラは、1箱300円(税込)です。

近所のスーパーに置いてありました。

コンビニだと320円ほどです。

とろけるショコラは3袋入りで、1袋に8本入っています。

すると1箱24本入りとなり、1本あたり約13≒12.5円ほどです。

ちなみに通常のポッキーは、1箱160円ほどであり、ポッキー2箱分に相当します。

1箱でポッキー2箱分に相当すると、どうしても高いイメージに感じてしまうでしょう。

worpman
worpman
とろけるショコラ1箱で、ポッキーが2箱も買えちゃうよね

カロリーはどれくらい?


とろけるショコラのものです。

1袋あたりで計算されており、170kcalほどしますね。

またとろけるショコラは1箱3袋入りですから、1箱だと510kcalほどでしょう。

また1袋に8本入ってますから、1本あたり約21≒21.375kcalくらいあります。

worpman
worpman
とろけるショコラは1箱だと500kcalは超えるほど、カロリーが結構あったのか

とろけるショコラは美味しいの?


実際にとろけるショコラを食べてみました。

ポッキーよりも細い箱の中に、1本が1本が太いポッキーが3袋も入っていますね。

パッケージだけでなく、包装されている袋も高級そうな雰囲気を感じます。

箱からポッキーを取り出し開封すると、チョコよりもココアのニオイです。

ポッキーも太くて、食べ応えを感じます。

食べてみると、チョコはなめらかで、プレッツェルの部分も甘く、サクサクとしたクッキーのような食感が美味しいですね。

またプレッツェルが通常のポッキーよりも柔らかく感じられました。

worpman
worpman
サクサクッとした食感だけど、ポッキーの感じはあったし、チョコもなめらかで美味しかったよ

とろけるショコラは高級そうなポッキーですから、優雅なひと時を堪能してみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●江崎グリコから製造販売しているチョコレート菓子

●口どけのよいチョコレートを使用した冬季限定のポッキー

●値段は1箱24本入りで300円ほど

●1袋のカロリー170kcalほどだが、1本が21kcalくらい

●チョコのなめらかさと、プレッツェルのサクサクとした食感が美味しかった

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。