お菓子

ふわふわケーキのチョコミントは美味しい?値段やカロリーはいくら?

お菓子にも多くの種類がありますが、中には個人的に気になるようなものもあるでしょう。

それは「竹下製菓ふわふわケーキ」です。

赤城乳業のチョコミントアイスのようなデザインをしています。

実際のところ美味しいのでしょうか?

また値段カロリーはどれくらいでしょうか?

今回はふわふわケーキチョコミントについて調べてみました。

ふわふわケーキとは

ネコ
ネコ
ふわふわケーキはどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、ふわふわケーキについて説明するよ


九州のソウルフードでもある、ブラックモンブランでお馴染みの竹下製菓株式会社から製造販売されているマシュマロです。

ふわふわとしたマシュマロが楽しめます。

ただ竹下製菓=ブラックモンブランというほど、ブラックモンブランの印象が強い会社でしょう。

worpman
worpman
竹下製菓でアイス以外のものを取り扱っている印象が無いほど、ブラックモンブランの印象が強いよね

赤城乳業とのコラボについて


ふわふわケーキシリーズから発売されている新フレーバーです。

ガリガリ君でお馴染みの赤城乳業とのコラボにより発売が実現されました。

赤城乳業から発売されているチョコミントアイスをイメージしています。

1978年に赤城ブラックが誕生し、2014年にチョコミントが仲間入りしました。

worpman
worpman
赤城乳業のチョコミントアイスをイメージしたマシュマロなのか

値段はいくら?


チョコミントは、1袋68円(税込)です。

近所のセブンに置いてありました。

ちなみに棒タイプのチョコミントアイスは、1本で70円(税別)です。

値段としては、ふわふわケーキのほうが少し安いくらいでしょうか。

worpman
worpman
チョコミントがセブンなら70円で買えて、アイスとあまり変わらないんだね

カロリーはどれくらい?


チョコミントのものです。

画像のように1個あたりで計算されており、75kcalあります。

なお棒タイプのチョコミントアイスは1本で83mlあり、カロリーも約120kcalです。

アイスの方がマシュマロよりも4倍ほど多くなっていますが、カロリーは2倍もありません。

意外とアイスで食べる方がカロリーとしては低いようですね。

worpman
worpman
マシュマロで食べると75kcalするけど、アイスなら120kcalで済むのか

ふわふわケーキのチョコミントは美味しいの?


実際にふわふわケーキのチョコミントを食べてみました。

パッケージはコラボしているだけあって、チョコミントアイスのようなデザインですね。

商品自体やや小さめですから、可愛らしさもあるでしょう^^

開封してみたところ、マシュマロからほのかにミントのニオイがします。

中身はケーキというよりもごっついマシュマロですね。

いざ食べてみるとマシュマロにミントの風味があり、中のチョコレートソースと一緒に食べることによって、チョコミントの味になります。

ただチョコレートが甘すぎてミントが少し弱く感じました。

また常温で食べるよりも、冷やして食べる方がより美味しいのではないかと感じました。

個人的にはチョコミントアイスで食べる方が良いですね。

worpman
worpman
チョコミントの味はあるものの、もう少しチョコの甘さを抑えて冷やして食べる方が合うんじゃないかなぁ

そんな赤城乳業のチョコミントアイスとコラボした、ふわふわケーキをおやつやお茶うけに召し上がってみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●竹下製菓から製造販売しているマシュマロ

●赤城乳業のチョコミントアイスをイメージしたふわふわケーキ

●ローソンで1個70円ほど

●カロリーは1個で75kcalある

●冷やして甘さを抑えた方が美味しいと感じた

こちらの記事もいかがでしょうか?

竹下製菓のふわふわケーキとチロルチョコがコラボ?美味しいのか?

チロルとブラックモンブランがコラボした?どこで買えるのか?

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。