お菓子

朝専用のブラックサンダーは苦いの?値段やカロリーはどれくらい?

クッキーの上からチョコがコーティングされた有楽製菓ブラックサンダー

ほんのりとした塩気とチョコの相性が良いですね^^

そんなブラックサンダーから、「朝専用」があるそうです。

コーヒーが含まれているようですが、苦いのでしょうか?

また値段カロリーはどれくらいでしょう?

今回は朝専用ブラックサンダーについて調べてみました。

ブラックサンダーとは

ネコ
ネコ
ブラックサンダーはどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、ブラックサンダーについて説明していくよ


有楽製菓株式会社が製造販売しているチョコレート菓子です。

1994年の発売から、20年以上経つ今でも愛され続けています。

元々は九州地区限定で販売されていた商品でした。

それがベストセラーである「生協の白石さん」に取り上げられたそうです。

その結果、大学生協を中心に人気が出始めたと言われています。

また、体操の内村選手の好物としても取り上げられた事で、一気に有名になりました。

worpman
worpman
熊本では普通に販売していたから、全国にもあるものばかりだと思っていたね

朝専用のブラックサンダーについて


SNSの「朝食代わりにブラックサンダーを食べている」という投稿をヒントにして開発したブラックサンダーです。

忙しい朝でも片手で手軽に食べられるブラックサンダーに、コーヒーパウダーをプラスしています。

またビターチョコチップとココナッツを加えることで、甘さを抑えた濃厚なチョコの風味が味わうことができるそうです。

朝専用のブラックサンダーは、2019年9月23日から発売されています。

worpman
worpman
ビターチョコチップやコーヒーパウダーが入っているから、苦そうに感じる

値段はいくら?


朝専用は1本あたり43円(税込)です。

近所のセブンに置いてありました。

通常のブラックサンダーは、1本が30円ほどです。

すると朝専用は、通常のブラックサンダーよりも10円高くなっています。

10円高くなるだけで特別感はありそうですね^^

worpman
worpman
朝専用は10円高い1本40円ほどなのか

カロリーはどれくらい?


朝専用のものです。

画像のように1本あたりで計算されており、147kcalあります。

ちなみに通常のブラックサンダーは、1本あたり112kcalです。

するとカロリーでも朝専用の方が30kcalほど高いことが分かりますね。

worpman
worpman
朝専用は150kcalほどあるけど、ブラックサンダーの方がカロリーが低いのか

朝専用のブラックサンダーは苦い?


実際に朝専用のブラックサンダーを食べてみました。

デザインは以前発売されていた柿の種サンダーのような雰囲気があり、コーヒーのマークが特徴的ですね。

パッケージを開封してみたところ、チョコレートよりもコーヒーの濃いニオイがします。

見た目はゴツゴツした外見ではありません

1口食べてみると、チョコレートの甘さよりもコーヒーの風味の方が強く感じます。

ただそれほど苦いというわけではありません

コーヒーのブラック感もなく、非常に食べやすいです。

worpman
worpman
香りだけだととても苦いように思えたけど、食べてみると甘みもあるし、苦みも抑えられている感じがあるね

忙しい朝など、朝食代わりに朝専用のブラックサンダーを召し上がってみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●有楽製菓から販売しているチョコレート菓子

●コーヒーパウダーがプラスされたブラックサンダー

●値段は1本40円ほどと10円高い

●1本あたり150kcalほどと、ブラックサンダーよりも高め

●苦みは抑えられていて、甘みも感じられた

こちらの記事もいかがでしょうか?

ブラックサンダーのカロリーはどれくらい?値段や種類などもご紹介

柿の種サンダーは美味しいの?値段やカロリーはどれくらい?

ブラックサンダーネクストギアは美味しい?値段やカロリーはいくら?

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。