お菓子

DARSプレミアムのホワイト&ルビーは美味しい?カロリーはいくら?

お菓子には数多くの種類やブランドがありますよね。

たまにふと目に留まってしまうようなお菓子もあるでしょう。

先日気になるお菓子を発見しました。

それは「DARSプレミアムホワイト&ルビー」です。

ルビーチョコレートが使われているDARSのようですが、カロリーはどれくらいで美味しいのでしょうか?

今回はDARSプレミアムホワイト&ルビーについて調べてみました。

DARSとは

ネコ
ネコ
DARSはどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、DARSについて説明するよ

森永製菓株式会社から製造販売しているチョコレートです。

口どけとカカオと一粒のおいしさにこだわりがあります。

1993年の発売から、今も愛され続けているロングセラーブランドです。

1箱に1口サイズのチョコレートが入っています。

過去のCMでも「12個だから、ダースです」というフレーズが印象に残っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

もともとダースは、DARSという商品名ではありませんでした。

「DOZEN」と書いてダースと呼んでいたそうです。

それがパッケージのリニューアルとともにDARSへと変っています。

worpman
worpman
最初からダースはDARSではなかったのか

ホワイト&ルビーについて

DARSの中でもプレミアムシリーズから12月12日のダースの日を記念して登場したフレーバーです。

ホワイト&ルビーはホワイトチョコレートのコクとルビーチョコレートの酸味な味わいが楽しめるDARSでもあります。

発売は2019年11月26日から期間限定です。

worpman
worpman
DARSの中でもルビーチョコレートを使ったプレミアム感なんだ

カロリーはどれくらい?

ホワイト&ルビーのものです。

画像のように1粒あたりで計算されており、22kcalあります。

ホワイト&ルビーは12粒入りですから、1箱だと264kcalです。

似たようなチョコレートに白いDARSがありますが、こちらは1粒で20kcalあります。

ホワイト&ルビーはDARSの中ではカロリーが高いですね。

worpman
worpman
1粒が22kcalあっても、1箱だと264kcalにもなるのか

ホワイト&ルビーは美味しいの?

実際にホワイト&ルビーを食べてみました。

パッケージカラーが赤く白いチョコレートの印象が強いですね。

他のDARSと同じように包装されており、開封してみるとホワイトチョコの濃い香りがします。

見た目は他のDARSと変わりませんが、やや赤みがかっているのようです。

口にしてみたところ、ホワイトチョコの甘さだけでなく、酸味のあるフルーティーな味わいが口の中で広がって美味しいですね。

せっかくなのでホットDARSにアレンジしてみました。

牛乳200mlとDARS10粒を600Wのレンジに3分ほどチンしたら、ちょっと熱いです。

画像のように見た目はまるでいちごミルクのような感じでしょうか。

牛乳が入っている分まろやかで酸味は抑えられてフルーティーな味わいは楽しめます。

食べた時とはまた違った美味しさを堪能することができました。

worpman
worpman
フルーティーな美味しさがあったけど、ホットDARSも違った味わいがあって美味しいね

話題のルビーチョコを使ったDARSプレミアムですが、気になる方はぜひ召し上がってみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●森永製菓から製造販売しているチョコレート

●ホワイトチョコのコクとルビーチョコの酸味が楽しめるDARS

●カロリーは1粒22kcalだが、白いDARSよりも高い

●酸味とフルーティーな味わいが楽しめるが、ホットDARSも美味しい

こちらの記事もいかがでしょうか?

DARSのプレミアムの値段はいくらか?カロリーはどれくらい?

DARSプレミアムのホワイト&ルビーは何粒入り?値段はいくら?

森永の苺のダースの値段はいくらなのか?カロリーはどれくらい?

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!

ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。