ヤングドーナツという駄菓子のカロリーや値段はいくら? 由来や意味もご紹介

      2018/01/22


駄菓子
の中でドーナツといえばヤングドーナツというくらい定番ですよね。

小さくてもちゃんとしたドーナツなのでなかなか侮れません。

私はヤングドーナツを何となく食べていましたが、詳しいことは何も知りませんでした。

そこでヤングドーナツカロリー値段の他に、由来意味なども調べてみました。

Sponsored Link


ヤングドーナツとは

宮田製菓株式会社が製造してるドーナツです。

創業以来なかなかヒット商品も生まれず、とても悩んでいたそうです。

しかし新商品開発のミーティングを何度も重ねてきた中で、とある意見がきっかけとなりました。

それがヤングドーナツ誕生だったそうです。

発売はなんと平成元年からのようです。

カロリーはどれくらいか?

Sponsored Link



分りやすく表にしてみました。

小さい割にはちょっと高いようにも感じますね。

値段はいくらか?

1袋(4個入り)47円ほどで販売されています。

箱売り(20個入り)の場合、720円はするようです。

なお箱売りの場合は、20個入りと10個入りに分かれている場合があります。

賞味期限はいつまでか?

賞味期限は80日とのことです。

まさか、長めに設定されていることは知りませんでした。

ただ私たちが目にしているものは、賞味期限を日付で表されたもののようですね。

なお商品を包装する時に品質保持の為、アルコール粉末の保持剤を一緒同封しているようです。

由来や意味は何か?

ミーティング中に「子供が喜ぶような小さくて食べやすい上で、美味しいドーナツを作ってみてはどうか」という意見がきっかけで、ドーナツ作りが始まったみたいです。

また子ども向けを前提とし、一口サイズのハニードーナツを食べきれるような大きさで、お小遣いで買えるようにお手頃な価格を設定したみたいです。

これがヤングドーナツの由来のようです。

そして意味は、その名の通り子ども(ヤング)向けのドーナツのようですね。

作り方について

ヤングドーナッツの作り方は、主に5つの工程から分れているそうです。

この5つの工程について少し深堀りしてみたいと思います。

原料を混ぜる

小麦粉、砂糖、蜂蜜など何種類もの原料をよく混ぜ合わせるようです。

なんと蜂蜜を一番最初の工程から混ぜていたとは意外でした。

カット

ワイヤーカッター式の成型機でドーナツの形に切っているようです。

ドーナッツの形はここで成型されてたみたいですね。

揚げる

潜行式のフライヤーで揚げているようです。

ヤングドーナツもまた油で揚げていたんですね。

まぶす

ベルトコンベアーで粗熱を取った後、全体を砂糖でまぶしているようです。

この工程でドーナツ全体に砂糖を振りかけていたみたいですね。

包装と出荷

小さなトレーにドーナツを4個ずつ並べて、お馴染みの袋に包装されてから、出荷しているようです。

私たちが目にしているものは、包装された状態のものだったようですね。

まとめ

point

●ミーティング中の意見がきっかけに誕生したドーナツ

●1袋195kcalかつ30円ほどで買える安価なドーナッツ

●保持剤を入れることで、品質も長めに保たれている

●5つの工程を経て作られていた

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


 - お菓子 , , , , ,