お菓子

ビスコの乳酸菌の効果や数はどれくらい?栄養成分はどれ位あるの?

ビスコは、赤いパッケージに子どものイラストが描かれていて、ビスケットにクリームをサンドしていますよね。

しかもお菓子なのに乳酸菌が入っているみたいですね。

乳酸菌と言う言葉を耳にすると、何となく体に良いイメージですよね。

そこでビスコ乳酸菌効果栄養成分について、調べてみることにしました。

ビスコとは

ネコ
ネコ
ビスコはどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、ビスコについて説明するよ


「glico」というロゴでお馴染みの江崎グリコ株式会社から発売しているビスケットです。

ビスケットのクリームには乳酸菌が含まれています。

1933年の発売から今も愛され続けているロングセラー商品です。

小さな子どものイラストがパッケージに描かれており、「おいしくてつよくなる」というキャッチフレーズがあります。

ビスコの由来は、酵母(こうぼ)ビスケットを略し、さらに業界用語風にしたことが名前の由来と言われています。

worpman
worpman
ビスコって80年以上も前からあったお菓子なのか

乳酸菌の数はどれくらいか?


ビスコには、おなかにやさしい乳酸菌が5枚当り、なんと1億個も入っています!

つまり1枚あたりでも、2,000万個入っている事になりますね。

またビスコのおなかにやさしい乳酸菌は、スポロ乳酸菌と呼ばれており、グリコが命名したものです。

スポロ乳酸菌は体内に入った後、体温や酸の刺激を受けることで、腸内で乳酸菌が目を覚ますようです。

worpman
worpman
ビスコの乳酸菌はスポロ乳酸菌というんだね

このスポロ乳酸菌について補足させていただきます。

スポロ乳酸菌について

ビスコの乳酸菌であるスポロ乳酸菌ですが、胞子を作れる有胞子性乳酸菌のようです。

栄養細胞の状態では、熱や酸に弱いけど、胞子の状態だと、熱や酸に強くなる性質をもっています。

胞子の状態で環境が整うと、発芽して栄養細胞として活動するそうです。

ビスコのクリームの中にスポロ乳酸菌を胞子の状態のまま入れることによって、生きたまま腸内へ届くようにしています。

worpman
worpman
生きた乳酸菌をそのまま摂れていたのか

乳酸菌の効果について

乳酸菌の効果と言いますと、腸内環境の改善つまりお通じに効果があります。

ただし、腸内には約3万種類の細菌が100兆~1,000兆個も生息しているそうです。

その為、乳酸菌が1億個では気休め程度ではないでしょうか。

それでも摂らないよりは、摂った方が良いでしょうね。

さらにビスコには、カルシウムやビタミン群が含まれている為、良質なお菓子であることには変わりないでしょう。

worpman
worpman
ビスコは乳酸菌だけではなさそうだね

栄養成分について

ビスコの栄養成分を表にしてみました。

1パック20.6gあたり

エネルギー98 kcal
たんぱく質1.3 g
脂質3.7 g
炭水化物14.8 g
ナトリウム47 mg
カルシウム117 mg
ビタミンD0.5 μg
ビタミンB10.08 mg
ビタミンB20.09 mg

5枚分で計算されています。

カルシウムやビタミンが補えるのはうれしいですね^^

worpman
worpman
カルシウムやビタミンまで摂れるお菓子なのは得した気分かも

そんなビスコでカルシウムやビタミンを補ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●スポロ乳酸菌が5枚で1億個入り

●スポロ乳酸菌とは有胞子性乳酸菌のことであり、グリコが命名したもの

●スポロ乳酸菌を胞子の状態にすることで、生きたまま腸まで届けることが出来る

●乳酸菌の効果はイマひとつだが、カルシウムやビタミン等も含まれる良質なお菓子

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。