お菓子

キャベツ太郎の怖い話の内容は何か?名前の由来の真相は何?

カエルのキャラクターとサクっとした食感のキャベツ太郎

そんなキャベツ太郎怖い話があるようですが、ご存知でしょうか?

私は今まで聞いたことがありません。

そもそもなぜキャベツ太郎という名前なのでしょうか?

今回は、キャベツ太郎怖い話内容名前の由来を深堀してみました。

キャベツ太郎とは

ネコ
ネコ
キャベツたろうはどんなお菓子なのかニャ
worpman
worpman
それじゃあ、キャベツ太郎について説明するよ

株式会社やおきんから販売しているソース味のスナック菓子です。

1981年の発売から今も愛され続けています。

製造元は株式会社菓道です。

警察官の姿をしたカエルがパッケージのキャラクターのようです。

値段は1袋あたり20円ほどします。

まだこの時点では、カエルとキャベツの緑色しか共通しているものはなさそうですね^^;

worpman
worpman
菓道が作ったお菓子をやおきんが販売しているのか

怖い話の内容について

残念ながら詳しいことは何も出てきませんでした!

いろいろ調べてはみたものの、出てくるのは関係ない話ばかりです。

ただセキュリティーソフトから警告が表示された方や、パソコンがフリーズしたという方が、中にはいらっしゃったようです。

これは関係があるのか定かではありません。

もしかしたら、キャベツ太郎からの警告なのかもしれませんね笑

そもそもセキュリティーソフトで警告されたり、パソコンがフリーズするのは、別の意味で怖いですから。

私自身も気になっていただけに、少々残念でした。

ちなみに私は怖いもの関係が苦手です^^;

worpman
worpman
怖い話があるかと思ってたけど、見つからないものだね

名前の由来は?

青のりのかかった姿が、芽キャベツの見た目に似ていたとのことです。

また発売当時である1981年は、キャベツの千切りにソースをかけて食べるのが主流であり、ソース味がすることからもキャベツにしたとも言われています。

そして菓道さんの商品には、名前に太郎をつけるのが主流だったようです。

その組み合わせた結果が、キャベツ太郎の由来になるのではないでしょうか。

実際に菓道さんの商品には、太郎と付いてあるものがたくさんあります^^

worpman
worpman
見た目から思いついたような感じだったんだね

では、キャベツ太郎には、キャベツが入っているのでしょうか?

キャベツは入っているの?

キャベツ太郎のキャベツですが、残念ながら入っていません

小さい芽キャベツに似ているそうですが、実際は青のりのかかった丸い姿です。

原材料も青のりよりも安価なアオサ粉を使われています。

青のり太郎よりはキャベツ太郎の方が名前に馴染んでいる気がしますね^^

worpman
worpman
キャベツじゃなく青のりのようなアオサが入っているんだね

キャベツ太郎を食べられる際は、芽キャベツをイメージしながら食べられてみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●怖い話の内容は不明であるが、警告やフリーズが起きるかもしれない

●名前の由来は、芽キャベツの見た目と、キャベツの千切りにソースをかけて食べるのが主流だったから

●菓道の商品には、名前に太郎と付くものがたくさんある

●キャベツは入ってないが、青のりがかかっていた

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。