お菓子

バンダイの国産卵黄ボーロは美味しいの?値段はどれくらい?

お菓子にも色々な種類がありますが、キャラクター付きのお菓子は、子どもにも人気ですね。

先日いないいないばあっ!のキャラクターが描かれて「バンダイ国産卵黄ボーロ」を発見しました。

小さな子どもが喜びそうなお菓子ですが、美味しいのでしょうか?

また値段はどれくらいでしょう?

今回はバンダイ国産卵黄ボーロについて調べてみました。

国産卵黄ボーロとは

ネコ
ネコ
国産卵黄ボーロはどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、国産卵黄ボーロについて説明するよ


玩具ブランドの株式会社バンダイから販売している焼菓子であり、タマゴボーロです。

創業70年以上の歴史ある岩本製菓株式会社がタマゴボーロの製造を手がけています。

岩本製菓との共同開発したオリジナルの配合であり、ほぼ卵黄だけを使っているそうです。

特徴として口の中で溶けやすい固さと食べきりサイズがあります。

さらに持ち歩いても割れにくいようにしてあるそうです。

なお2019年3月4日からパッケージをリニューアルして発売しています。

worpman
worpman
バンダイと岩本製菓の共同開発したオリジナルのタマゴボーロなのか

値段はいくら?


国産卵黄ボーロは、1袋108円(税込)です。

近所のセブンに置いてありました。

また1袋に44粒ほど入っています。

すると1粒あたり約2.5≒2.454円ほどですね。

4粒でうまい棒1本分に相当するでしょう。

worpman
worpman
1袋で100円するけど、1粒が2.5円くらいするんだね

国産卵黄ボーロは美味しいの?


実際に国産卵黄ボーロを食べてみました。

NHKの人気番組である、いないいないばあっ!のワンワンというキャラクターのパッケージが何とも可愛らしいですね。

またチャック付きということで持ち運びにも便利でしょう。

開封してみたところ、香りは感じられませんでした。

ただ風味はほのかに甘く、サクサクとして美味しいです。

さらに口の中でボーロがスーッと溶けていくような感じがしました。

溶けやすいからこそ、のどに詰まりにくいでしょう。

のどに詰まりにくいのであれば、小さなお子さまのおやつにも安心ですね。

worpman
worpman
ボーロはサクサクとしているのに、素早く溶けている感じがするかも、だからこそ食べやすいんだろうね

そんな食べやすい国産卵黄ボーロを、小さなお子さまのおやつに考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●バンダイから販売している焼菓子

●岩本製菓との共同開発したオリジナルのタマゴボーロ

●値段は1袋44粒入りで100円ほど

●ほのかに甘くサクサクとした食感が美味しい

こちらの記事もいかがでしょうか?

バンダイの国産卵黄ボーロは何歳から食べられる?カロリーはどれくらい?

スーパードラゴンボールヒーローズスナックとは?カードは何種類か?

ドラえもんのスティックキャンディーとは?値段やカロリーはいくら?

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。