お菓子

亀田の柿の種のタネザックは何粒入っているの?値段はいくら?

ピーナッツとの組み合わせが美味しい亀田柿の種

お酒のおつまみにも欠かせない一品ですね^^

そんな柿の種ですが、タネザックというピーナッツと一つになったお菓子があることをご存知でしょうか。

タネザックには何粒入っているのでしょうか?

また値段はいくらでしょう?

今回は柿の種タネザックについて調べてみました。

亀田の柿の種とは

ネコ
ネコ
亀田の柿の種はどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、亀田の柿の種について説明するよ


亀田製菓株式会社から製造販売されている米菓です。

あられのような柿の種とピーナッツが組み合わさったお菓子でもあります。

亀田の柿の種は、米菓の売り上げがNo1です。

また1966年にピーナッツ入りの柿の種が誕生しました。

それまでは柿の種やピーナッツを別々に量り売りしていたそうです。

そして1年間に地球から月まで届く量を生産し、1万トン以上のお米を使用しています。

発売から50年もの間も変わらない味を守り続けているそうです。

「たねっち」と「ぴーなっち」という名前のキャラクターがいます。

worpman
worpman
確かに柿の種と言えば亀田というくらいイメージがあるよね

ちなみに10月10日は亀田の柿の種の日と言われているそうです。

タネザックについて


砕いた柿の種とピーナッツをひとくちサイズに固めた柿の種スナックです。

ピリ辛感がアップしており、ザクッとした心地よい食感が楽しめます。

1つ食べだしたら止まらない連食性があるそうです。

worpman
worpman
柿の種とピーナッツを一つにまとめたお菓子なのか

何粒入っているの?


タネザックは1袋50g入りです。

これでは何粒入っているのかわかりません。

実際に数えてみたところ、15粒入っていました。

なお柿の種とピーナッツをひとくちサイズにまとめてますから、比率も関係ないでしょう。

worpman
worpman
1袋に15粒のタネザックが入っていたんだね

タネザックの値段はいくら?


タネザックは、1袋149円(税込)です。

近所のファミマに置いてあるのを発見しました。

また1袋に15粒のタネザックが入っています。

すると1粒あたり約10≒9.933円ほどでしょう。

タネザック1粒がうまい棒1本分と同等でもありますね。

worpman
worpman
タネザックは1袋150円くらいで、1粒がうまい棒と同じくらいなのか

そんな柿の種とピーナッツを1つにまとめたタネザックですが、一緒に食べたかった人には理想のお菓子なのかもしれませんね。

まとめ

Point

●亀田製菓から製造販売している米菓

●柿の種とピーナッツをひとくちサイズにまとめたもの

●1袋に15粒のタネザックが入っていた

●値段は1袋あたり150円ほど

こちらの記事もいかがでしょうか?

亀田の柿の種のピーナッツの比率はどれくらい?名前の由来は何か?

ココイチとコラボした柿の種は美味しい?値段やカロリーはいくら?

亀田の柿の種の30倍はどれほど辛いの?値段やカロリーはどれくらい?

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。