お菓子

ブラックサンダーのハイカカオは苦いのか?何個入っているの?

クッキーの上からチョコがコーティングされた有楽製菓ブラックサンダー

ほんのりとした塩気とチョコの相性が良いですね^^

そんなブラックサンダーを一回り小さくしたミニバータイプがあり、「ハイカカオ」として発売されています。

ハイカカオブラックサンダー苦いのでしょうか?

またいくつか入っているようですが、何個入っているのでしょう?

今回はブラックサンダーハイカカオについて調べてみました。

ブラックサンダーとは

ネコ
ネコ
ブラックサンダーはどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、ブラックサンダーについて説明していくよ

有楽製菓株式会社が製造販売しているチョコレート菓子です。

1994年の発売から、20年以上経つ今でも愛され続けています。

元々は九州地区限定で販売されていた商品でした。

それがベストセラーである「生協の白石さん」に取り上げられたそうです。

その結果、大学生協を中心に人気が出始めたと言われています。

また、体操の内村選手の好物としても取り上げられた事で、一気に有名になりました。

worpman
worpman
熊本では普通に販売していたから、全国にもあるものばかりだと思っていたね

ハイカカオについて

ハイカカオチョコレートを使用しているブラックサンダーであり、商品名も「ブラックサンダーミニバー カカオ72%」です。

健康を意識している方にもおすすめしたい商品であり、ブラックサンダーの特徴であるザクザクとした食感もそのまま楽しめます。

ミルクチョコレートを少量配合することによって苦味をおさえているそうです。

従来のパッケージよりもオトナの雰囲気にしたカラーリングとなっています。

2019年9月23日から全国のスーパーマーケットやドラッグストアなどで発売されているそうです。

worpman
worpman
ハイカカオにしてパッケージも変えることで、大人な向けのブラックサンダーブラックサンダーにしている感じだね

ハイカカオは何個入り?

ハイカカオはバラエティサイズであり、1袋155g入りとちょっと多めに販売されています。

通常のブラックサンダーは1個あたり20gほどです。

実際に中身を確認してみたところ、13個入っていました。

1個が約10gほどとブラックサンダーの半分くらいのサイズでしょうか。

すると通常のブラックサンダー6.5個分に相当するでしょう。

worpman
worpman
ハイカカオは1袋に13個入っているけど、ブラックサンダー6.5個分になるのか

ハイカカオは苦いのか?

実際にハイカカオを食べてみました。

パッケージが濃いグリーン系であり、ちょぴり大人の雰囲気を感じます。

開封してみると、それぞれ個包装されていました。

個包装の中身はミニサイズのブラックサンダーですが、ブラックサンダーよりもダークな感じがします。

またカカオの濃い香りがしました。

ハイカカオを口にしてみると、ザクザクした食感に甘さを抑えたブラックサンダーであり、ほんのり苦みを感じますね。

ビターチョコが好きな方には美味しく感じるブラックサンダーでしょうか。

ただ苦みの感じ方も個人差があり、苦みが苦手な方にと苦いとはっきり感じるかもしれませんね。

worpman
worpman
カカオ72%というだけあって、苦みもはっきり感じられるけど、ビター好きな私には美味しい苦さだったかな

そんなちょっぴり大人のブラックサンダーですが、ハイカカオやブラックサンダーが好きな方は購入されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●有楽製菓から販売しているチョコレート菓子

●ハイカカオチョコレートを使用している苦みを抑えたブラックサンダー

●ミニサイズのブラックサンダーが13個

●ちょっぴり苦みを感じるほどだが、苦手な方は苦いかも

こちらの記事もいかがでしょうか?

ブラックサンダーのカロリーはどれくらい?値段や種類などもご紹介

ブラックサンダーとビターの違いはどこか?値段やカロリーを比較!

朝専用のブラックサンダーは苦いの?値段やカロリーはどれくらい?

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。