お菓子

2019年のM-1で披露されたお菓子は名前は?どんなネタだった?

若手漫才師が漫才のコンクールで頂点を目指す、通称「M-1」。

2015年に復活してから毎年開催されていますよね。

そんなM-12019年も開催されました。

最終決戦ではミルクボーイが披露したのはお菓子ネタだったそうです。

いったいどんなお菓子名前ネタを披露したのでしょうか?

今回はミルクボーイが披露したお菓子名前ネタについて調べてみました。

M-1とは

ネコ
ネコ
M-1ってニャーに?
worpman
worpman
それじゃあ、M-1について説明するよ

2011年に引退された日本の元お笑いタレント島田紳助さんが、2001年に「漫才に恩返しをしたい」ことと「芸人を辞めるきっかけを与える」ことを目標に企画して、吉本興業の主催で創設された漫才のコンクールです。

参加資格は結成から10年以下のコンビやグループを対象としています。

「M-1」の名称は、漫才(Manzai) の頭文字の「M」を取ったものであり、F1グランプリやK-1グランプリ等に倣ったものだと言われているそうです。

優勝者には優勝者の名前が刻まれるトロフィーと賞金1000万円と副賞が与えられます。

また優勝者はテレビでもよく見る方たちが多いのが印象的ですね。

worpman
worpman
M-1で優勝したコンビってテレビでもよく見る方たちばかりだよね

ミルクボーイについて

吉本工業に所属しているお笑いコンビであり、メンバーはボケ担当の駒場孝さんとツッコミ担当の内海崇さんの2人組です。

結成は2007年にコンビを結成して、2019年のM-1グランプリで優勝しました。

最終決戦ではかまいたち、ぺこぱを抑えています。

これまでの最高得点は第4回大会でアンタッチャブルが叩き出した673点でしたが、決勝ファーストラウンドで披露した「コーンフレークネタ」では681点を叩き出して15年ぶりに記録を更新しました。

コーンフレークや煩悩の塊というワードは印象的でした。

worpman
worpman
コーンフレークや煩悩の塊が特に印象的だったよ

決勝戦披露されたお菓子の名前とネタは?

ミルクボーイが決勝戦で披露したお菓子の名前は「最中」です。

ボケ担当の駒場さんのお母さんの好きなお菓子の名前を忘れたところから始まっています。

ネタでは「最中やないかい」と「最中とちゃうやないかい」の行ったり来たりのテンポの良いやり取りが笑えましたね。

コーンフレークネタの「最中」バージョンとでも言いましょうか。

ちなみに最中とは餅から作った皮で餡を包んだ和菓子の一種を指します。

worpman
worpman
最中でここまで笑ったのは初めてかも

気になる方はぜひミルクボーイのネタを視聴されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●吉本興業の主催で創設された漫才のコンクール

●ボケ担当の駒場孝さんとツッコミ担当の内海崇さんのお笑いコンビ

●決勝戦披露されたお菓子の名前は最中

●ネタはコーンフレークの最中バージョン

こちらの記事もいかがでしょうか?

正直お節料理や雑煮はもう飽きた!正月に食べたいお菓子5選!

お菓子で一度はやったかも?誰もがやったことがある食べ方5選

受験生を応援したい方こちらをいかが?贈りたいお菓子5選!

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!

ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。