お菓子

湖池屋のカラムーチョの生姜鶏鍋は辛いの?カロリーはどれくらい?

辛いお菓子にもいろんな種類があります。

特に湖池屋カラムーチョ辛いお菓子の代表格とも言えるでしょう。

そんなカラムーチョから気になる味を発見しました。

それは「生姜鶏鍋」です。

あまり耳にしない生姜鶏鍋辛いのでしょうか?

またカロリーはどれくらいでしょう?

今回はカラムーチョ生姜鶏鍋について調べてみました。

カラムーチョとは

ネコ
ネコ
カラムーチョはどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、カラムーチョについて説明していくよ


株式会社湖池屋から製造販売しているスナック菓子です。

チリ味のちょっと辛みが強いお菓子でもあります。

カラムーチョは1984年に発売されましたが、その当時、辛いポテトチップスはなかったそうです。

また今では考えにくいようですが、売れない日もあったと言われています。

時代の変化とともに、コンビニが増えるにつれて、カラムーチョを店頭でも置いてもらえるようになると、若い人を中心にヒットしたそうです。

そして激辛ブームの時に、カラムーチョも大ヒットしました。

発売から2014年に30周年を迎えています。

キャッチフレーズが「ポテトが辛くてなぜおいしい!」です。

ヒーおばあちゃん」という名前のキャラクターがいます。

worpman
worpman
激辛ブームがカラムーチョのヒットにつながるほど、当時は売れていなかったとは不思議だね

ちなみにカラムーチョのムーチョには、スペイン語で「もっと」という意味があるそうです。

生姜鶏鍋について

じっくりと煮込んだ鶏肉をたっぷりの生姜一緒にいただく鍋を言います。

生姜鶏鍋は生姜の辛味が鶏肉の旨味を引き立ているカラムーチョです。

パッケージでは”生姜ねぇ~”とありますが、実際は生姜を使用しています。

これは生姜の美味しさをカラムーチョの言葉で伝えたいという思いから、”生姜ねぇ~”と表現しているそうです。

2019年12月23日から全国のコンビニから発売されています。

worpman
worpman
鶏肉を生姜鍋で一緒にいただく鍋のことで、カラムーチョでそれが楽しめるのか

カロリーはどれくらい?

生姜鶏鍋のものです。

画像のように1袋あたりで計算されており、481kcalあります。

ちなみにカラムーチョのホットチリ味には33gのものがあり、1袋が179kcalです。

なお生姜鶏鍋と同じ90gとした場合、488kcalくらいでしょうか。

生姜鶏鍋よりもホットチリ味の方が僅かに高いようですね。

worpman
worpman
生姜鶏鍋は480kcalくらいだけど、ホットチリ味の方がわずかに高カロリーだね

生姜鶏鍋は辛いのか?

実際に生姜鶏鍋を食べてみました。

ホットチリ味とは対照的に白いパッケージカラーが印象的ですね。

パッケージを開封してみたところ、生姜の濃い香りがします。

見た目はカラムーチョそのものですが、色合いが薄くまるで生姜の千切りのようですね。

生姜のピリっとした辛味が口の中で広がりますが、ホットチリ味よりも辛さが弱めに感じました。

後から鶏の旨味がして美味しいです。

なお辛さの感じ方には個人差がある為、とても辛いと感じる方もいらっしゃるでしょう。

worpman
worpman
生姜のピリっとした辛さはあるものの、ホットチリ味よりは辛さが弱いかも

生姜の辛味が鶏肉の旨味を引き立てているカラムーチョですが、気になる方はおやつにでも召し上がってみてはいかがでしょう。

まとめ

Point

●湖池屋から製造販売しているスナック菓子

●生姜の辛味が鶏肉の旨味を引き立てているカラムーチョ

●カロリーは1袋480kcalほど

●生姜鶏鍋もちょっと辛いが、ヒットチリ味よりは弱め

こちらの記事もいかがでしょうか?

湖池屋のカラムーチョの生姜鶏鍋が登場?値段はどれくらい?

湖池屋のドクターカラムーチョは辛いのか?どんな味がするの?

カラムーチョの花椒はどれほど辛いの?値段やカロリーはどれくらい?

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!

ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。