お菓子

湖池屋のドクターカラムーチョは辛いのか?どんな味がするの?

辛いお菓子の代表でもある湖池屋カラムーチョ

病みつきになる辛さが良いですね^^

先日コンビニで偶然見かけたカラムーチョが気になりました。

それは「ドクターカラムーチョ」です。

辛さ300%とあり、どれくらい辛いのでしょうか?

またどんながするのでしょうか?

今回はドクターカラムーチョについて調べてみました。

カラムーチョとは

ネコ
ネコ
カラムーチョはどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、カラムーチョについて説明していくよ


株式会社湖池屋から製造販売しているスナック菓子です。

チリ味のちょっと辛みが強いお菓子でもあります。

カラムーチョは1984年に発売されましたが、その当時、辛いポテトチップスはなかったそうです。

また今では考えにくいようですが、売れない日もあったと言われています。

時代の変化とともに、コンビニが増えるにつれて、カラムーチョを店頭でも置いてもらえるようになると、若い人を中心にヒットしたそうです。

そして激辛ブームの時に、カラムーチョも大ヒットしました。

発売から2014年に30周年を迎えています。

キャッチフレーズが「ポテトが辛くてなぜおいしい!」です。

ヒーおばあちゃん」という名前のキャラクターがいます。

worpman
worpman
激辛ブームがカラムーチョのヒットにつながるほど、当時は売れていなかったとは不思議だね

ちなみにカラムーチョのムーチョには、スペイン語で「もっと」という意味があるそうです。

ドクターカラムーチョについて


令和初の辛味を強調した夏の元気をチャージするタイプのカラムーチョです。

チップスの形状には、Vカットの厚切りタイプを採用し、食べ応えがあります。

またお客様に元気を注入するレスキューのような存在であるのが、ドクターカラムーチョであり、暑い夏を乗り切ってもらいたい思いがあるそうです。

全国のコンビニから2019年6月3日に発売されます。

そして1週間後の6月10日にはスーパーでも発売されるそうです。

worpman
worpman
レスキュー隊のように暑い夏をサポートしてくれるカラムーチョなのか

ドクターカラムーチョはどんな味?


ドクターカラムーチョは、ホットチリ味であり、通常のカラムーチョと同じ味です。

ただ通常のカラムーチョとは異なり、頭に「辛さ300%」が付いています。

すると通常のカラムーチョよりも辛い印象が強く残りますね^^

worpman
worpman
ホットチリ味としては同じなんだろうけど、辛さ300%が付くだけで、印象もだいぶ変わるね

どれくらい辛いのか?


実際にドクターカラムーチョを食べてみました。

パッケージのデザインには、唐辛子が使われており、とても辛そうな印象は感じますね。

さらに「辛さ300%」と付くだけでも、印象もさらに強く残るでしょう。

パッケージを開封してみたところ、ホットチリの辛い香り以外に、シナモンの香りが強く感じられました。

チップスが厚切りのVカットされており、サクサクとして良いですね。

また食べていると徐々に口の周りがヒリヒリしてきました。

そして辛さが後を引くほど残ります

カラムーチョよりも辛い印象へと感じられました

worpman
worpman
口の中で辛さが後を引くほど、辛さの強いカラムーチョみたいだね

そんな辛みの強いカラムーチョをおやつだけでなく、おつまみとして、味わってみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●湖池屋から製造販売しているスナック菓子

●Vカットの厚切りタイプを採用された新商品のカラムーチョ

●辛さをアップしたカラムーチョ同じホットチリ味

●カラムーチョよりも後を引くような辛さ

こちらの記事もいかがでしょうか?

カラムー超の感想はどうか?カロリーや値段はカラムーチョと違うの?

ワンハンドカラムーチョはどんなお菓子?値段やカロリーはいくら?

カラムーチョのストロングは辛いの?食べると美味しいのか?

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。