お菓子

湖池屋の海苔がないのり塩味のポテトチップスとは?美味しいの?

お菓子にもいろんな種類がありますが、中には気になるものもあるでしょう。

先日気になるお菓子を発見しました。

それは『湖池屋ポテトチップスのり塩』です。

海苔がないのに海苔がするというフレーズに惹かれました。

美味しいのでしょうか?

今回は湖池屋のり塩味ポテトチップスについて調べてみました。

湖池屋ポテトチップスとは

ネコ
ネコ
湖池屋ポテトチップスはどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、湖池屋ポテトチップスについて説明していくよ

「湖」のロゴでお馴染みの株式会社湖池屋で製造販売しているスナック菓子です。

湖池屋が創業された1953年当時はポテトチップスは塩味が主流でした。

日本人になじみのある味にしようと開発したポテトチップスが「のり塩」です。

のり塩は1962年に発売された今でも愛され続けています。

ちなみに1967年に日本初のポテトチップスの量産化にも成功し、安定的に原料を確保するために北海道で馬鈴薯の栽培も行っているそうです。

worpman
worpman
塩味が主流の中で誕生したポテトチップスが湖池屋ののり塩だったのか

海苔がないのり塩味ポテトチップスについて

湖池屋のポテトチップスから登場したフレーバーです。

何の変哲もないシンプルな見た目のポテトチップスのように見えます。

特徴として海苔がないのに海苔の味がする不思議なポテトチップです。

美味しさと驚きのWの体験ができます。

2020年1月21日から全国のローソンで限定発売です。

worpman
worpman
ローソンでしか買うことが出来ない不思議なポテトチップスなんだね

海苔がないのり塩味ポテトチップスは美味しい?

実際に海苔がないのり塩味ポテトチップスを食べてみました。

まるで週刊誌の中吊り広告のようなパッケージデザインですね。

パッケージを開封してみたところのり塩の香りがします。

見た目はうすしお味のポテトチップスのようです。

口にしてみると海苔の風味が口の中で広がりますが、ちょっと塩辛く感じました。

それでものり塩味としては美味しいですね。

worpman
worpman
うすしお味みたいな見た目だけど、のり塩としては塩辛いけど美味しいよ

そんな不思議な体験ができそうなのり塩味のポテトチップスですが、ローソンで見かけた際はお買い求められてみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●湖池屋から製造販売しているスナック菓子

●海苔がないのに海苔の味がする不思議なポテトチップ

●全国のローソンで限定発売

●うすしお味みたいな見た目だけど塩辛くて美味しい

こちらの記事もいかがでしょうか?

ポテトチップスのりしお味カルビーとコイケヤの違いはどこ?カロリーなど徹底比較

湖池屋の海苔がないのり塩味のポテトチップスとは?カロリーはいくら?

湖池屋の海苔がないのり塩味のポテトチップスとは?値段はいくら?

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。