金のチョコボールの金箔付きの確率は? 通常品との違いはどこ?

今特別なチョコボールが販売中であることをご存知でしょうか?

そのチョコボールとは、金のチョコボールだそうです!

どうやら金箔付きらしいですが、確率は謎のままですね。

そこで金箔付き確率を調べると共に、通常品との違いを比較してみることにしました。

目次

チョコボールとは

ネコ
チョコボールはどんなお菓子ニャの

worpman
それじゃあ、チョコボールについて説明するよ


森永製菓株式会社から発売しているチョコレート菓子です。

キャラクターはCMなどでもお馴染みのキョロちゃんですね。

1967年から発売から、今も愛され続けています。

しかも2017年には、発売から50周年を迎えたお菓子です!

味は、ピーナッツ・キャラメル・いちごの3種類がレギュラー商品にあります。

ちなみに3種類の中で、私はピーナッツが好きです^^

また、金のエンゼルなら1枚、銀のエンゼルなら5枚集めるとおもちゃのカンヅメがもらえます。

worpman
エンゼルって集まる前に、失くしてしまうよね

金のチョコボールについて


正確には、金のキョロちゃんチョコボールという商品名です。

パッケージの右上に、50周年記念のマークが入っています。

あったらラッキー金箔付き★というキャッチフレーズのようなものがあります。

そして準チョコレート菓子に分類するようです。

worpman
金色のチョコボールではなく、金箔入りのチョコボールということか

金箔付きの確率は?


今回購入した金のチョコボールには、金箔付きのものが入っていました^^

1箱に16粒のチョコボールが入っています。

その内の6粒が金箔付きでした!

つまり約3~4割ほどの確率で金箔付きのチョコボールがはいっているということです。

ただし、今回購入したチョコボールでの確率になってしまいます。

その為、購入したもので確率が変わる場合があります。

金箔付きとそうでないものを比べると、金箔が散りばめられていますので、分かりやすいでしょう。

worpman
小さな金箔が散りばめられているような感じだね

通常品との違いは?


カロリーなどを含めたものを表にしてみました。

比較の対象は、私の独断でピーナッツ味にしています笑

チョコボール 金のチョコボール
パッケージサイズ 9.5 cm × 4.6 cm × 1.7 cm 9.5 cm × 4.6 cm × 1.7 cm
味の種類 ピーナッツ・キャラメル・いちご チョコビス
内容量 28 ~ 25 g(約19粒) 21 g(約16粒)
食感 カリカリ サクサク
エネルギー 160 kcal 109 kcal
たんぱく質 3.5 g 1.5 g
脂質 10.3 g 5.5 g
炭水化物 13.4 g 13.3 g
食塩相当量 0.045 g 0.07 g
カルシウム 29 mg
発売日 既発売 2017年7月4日 ~ 10月末
参考小売価格 80円(税込86円) 80円(税込86円)

価格はどちらも同じですが、カルシウムが金のチョコボールには含まれていないですね。

金のチョコボールは10月末までの限定商品です。

食べられたい方は是非買われてみてくださいね^^

また個人的に下記の点でも違いを感じました。

【個人的に感じた違い】
●パッケージの違い
金のチョコボールのほうが豪華な見た目
●粒の形の違い
金のチョコボールはやや丸みを帯びているが、ピーナッツは少しいびつに見える

※あくまでも個人的な主観ですので、ご注意下さい。

worpman
いろいろな所に注目してみると、意外と違いが見られるね

なお、金のチョコボールにもエンゼルが入っているようです。

残念ながらハズレでした^^;

まとめ

Point

●森永製菓から製造販売されているチョコレート菓子

●商品名は金のキョロちゃんチョコボール

●約3~4割の確率で金箔

●値段は通常品と同じだが、数は通常品が多い

●通常品と同様にエンゼルが入っている

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • チョコボールは発売当初から毎週3袋程購入しますが… 今まで一度も金チョコは当たったことは無い!! 本当に入ってるのか???!(TT)

    • > KAZさん
      コメントありがとうございます^^
      こちらの記事にあります金箔付きのチョコボールは、50周年限定として発売されたチョコボールです。

      そしてKAZさんがおっしゃられる金チョコとは、おそらく大玉チョコボールに入っている金のチョコのことだと思います。
      パッケージにも「金のチョコ玉が入っていたら超ラッキー!」とある為、入ってないものの方が多い可能性が高いです。
      私自身今までに、10袋以上も購入しましたが、入っていませんでした^^;

      入っていないと疑いたくなるお気持ちも分かります。
      ただtwitterでは、金のチョコ玉が最後の1袋に入っていたというツィートもお見かけしますし、10袋購入して1個入っていたという動画もありました。
      根気よく買い続けるか、大人買いでまとめて買えば、その内お目にすることがあるかもしれません。

      少しは返答になりましたでしょうか。
      これからもお菓子に関する情報を発信していけたらと思っています。
      ありがとうございました。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる