お菓子

ミニチョコバットの図書カードに当て方はあるの?確率はどれくらい?

図書カードが当たるチョコバットをご存知でしょうか。

近所のスーパーのお菓子売り場に置いてあるのを発見しました。

それは「ミニチョコバット」です。

図書カードが当たるということで、少し当たくなりますね。

当て方はあるのでしょうか?

また確率はどれくらいでしょう?

今回はミニチョコバット図書カードについて調べてみました。

チョコバットとは

ネコ
ネコ
チョコバットはどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、チョコバットについて説明するよ


静岡県にある三立製菓株式会社から製造販売しているチョコレート棒のお菓子です。

パン生地にチョコレートをコーティングしています。

チョコバットは1964年に登場し、発売から50年以上も愛され続けているロングセラー商品です。

チョコバットくんという名前の野球のキャラクターがいます。

また当たり付きくじのお菓子ということで、当たればもう1本もらえます。

ただ商品によってはお菓子ではなく、ノートや金券の場合もあるそうです。

worpman
worpman
50年以上も前からチョコバットがあるなんて、まるで野球のバットのように長いね

ミニチョコバットについて


ミニサイズのチョコバットが1箱に5本も入っています

値段は1箱あたり100円ほどです。

ちなみに近所のスーパーでは、1箱102円(税込)でした。

またカロリーは、1本あたりの50kcalほどあります。

なお歴代のデザインが4種類あって、それがランダムに入っているようです。

さらに当たりの景品として「500円分の図書カード」となっています。

こちらのチョコバットは、箱に当たりが入っている為、引き換えは不要です。

worpman
worpman
同じチョコバットでも種類によって景品の差があるものなんだね

景品の豪華さが違うようにも感じてしまいそうですね。

当て方はあるのか?


ミニチョコバットの当て方は、残念ながらありませんでした。

ただ通常のチョコバットであれば、当たりの見分け方も、いくつかあると言われています。

なおミニチョコバットの図書カードですが、箱の内側の側面に貼り付けてあるそうです。

その為、振って確認するようなことは難しいでしょう。

仮に振って確認したところで、お店でやれば不審者にしか見えませんね^^;

さらに周りに迷惑をかけることにもなりかねないでしょう。

また図書カード1枚分の重さを見分ける事は、非常に困難です。

それでもカード1枚分の重さを正確に見極められれば、話は変わってきますね。

worpman
worpman
図書カードが箱に張り付いてたんじゃ、振って確認することも出来ないね

図書カードの確率はいくら?


某YouTuberの方が検証した動画がありました。

その懸賞した結果によりますと、「5万円分中1枚ほど」ということです。

また別のYouTuberの方が検証したものでは、70箱用意したけど、1枚も入ってませんでした。

とても低い確率のように感じますね。

仮に5万円分ということであれば、500箱ほど必要です。

その確率は、約500分の1であり、0.2%ということになります。

非常にレアな確率くらいにはなるでしょう。

ただ500箱だと2500本のミニチョコバットを食べる羽目になってしまいますね。

worpman
worpman
運がよければ、1回で当たるかもしれないけど、難しいかも

ちなみにヤフオクでは1000円ほどでありました^^

今回のミニチョコバットの図書カードについていかがでしたか。

まとめ

Point

●三立製菓から製造販売しているチョコレート

●ミニサイズのチョコバットが、1箱に5本入ったお菓子

●当て方は現時点ではわからない

●確率は0.2%ほどと、相当な低さ

こちらの記事もいかがでしょうか?

チョコバットの当たりの見分け方はどうやるの?確率はどれくらい?

チョコバットは全部で種類あるの?カロリーや値段はどれくらい?

チーズバットとチョコバットの違いはどこ?値段やカロリーを比較

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。