お菓子

キャラメルコーンのピーナッツは美味しいの?何粒入っているのか?

キャラメルコーンと言えば、カールのような形をしたものと、ピーナッツが入った東ハトお菓子ですよね。

そんなキャラメルコーンからピーナッツだけが登場しました。

ピーナッツだけでも美味しいのでしょうか?

また何粒入っているのでしょう?

今回はキャラメルコーンピーナッツについて調べてみました。

キャラメルコーンとは

ネコ
ネコ
キャラメルコーンはどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、キャラメルコーンについて説明するよ

株式会社東ハトが製造販売しているキャラメル風味のスナック菓子です。

コーングリッツを主な原料としています。

また小さなピーナッツが入っているのが特徴です。

1971年の発売から今も愛され続けています。

さらに2003年には、パッケージを新しいデザインへリニューアルされているそうですが、私はどこか変わったかなくらいにしか思ってませんでした^^;

worpman
worpman
パッケージは変わっていたんだ

ピーナッツについて


キャラメルコーンの脇役的な存在としているのがピーナッツです。

このピーナッツはローストされたものだけを詰め込んでいます。

香ばしくて絶妙な塩加減となっており、おやつだけでなく、お酒のおつまみにも最適です。

ピーナッツだけのキャラメルコーンは、以前から要望があったと言われています。

それがついに現実化したものが、「キャラメルコーンのピーナッツ」です。

発売は2019年5月13日からとなっています。

worpman
worpman
キャラメルコーンのピーナッツだけを食べたいという声があったのか

ピーナッツは何粒入りか?


キャラメルコーンのピーナッツは、薄皮のままや割れているものまでと、様々な形や大きさが入っています。

実際に数えてみたところ、1袋に78粒のピーナッツが入っていました。

worpman
worpman
いろんな形のピーナッツが78粒ほど入っているんだね

ピーナッツは美味しいの?


実際にピーナッツだけのキャラメルコーンを食べてみました。

パッケージはキャラメルコーンとほぼ同じ感じがします。

パッケージを開封してみたところ、ニオイはピーナッツの香りだけです。

しかも中身を確認してみたところ、薄皮のまま・割れているもの・大きさもバラバラでした。

実際に食べてみたところ、普段食べているピーナッツと変わりません

やや塩気の濃いピーナッツであり、美味しいですね。

ただ味は塩のみですから、飽きてしまうかもしれません。

worpman
worpman
食べる分には美味しいけど、味は同じだから飽きてしまいそうに感じるね

そんなピーナッツが主役となったキャラメルコーンを、おやつやおつまみとして召し上がってみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●東ハトから製造販売しているスナックお菓子

●ピーナッツだけを商品化したもの

●1袋45g入りで、78粒ほど

●飽きそうだが、ピーナッツに塩気が効いて美味しい

こちらの記事もいかがでしょうか?

キャラメルコーンのピーナッツは何故入っているの?理由や意味は何?

アンパンマンのキャラメルコーンの違いはどこ?値段やカロリーを比較

ハーベストとキャラメルコーンがコラボ?値段やカロリーはどれくらい?

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!

ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。