お菓子

ビスコの2種のナッツの値段はいくら?乳酸菌はどれくらい?

ビスケットにクリームがサンドしてあるグリコビスコ

小さな男の子がパッケージに描かれているのが特徴的ですね。

先日近所のコンビニで「2種のナッツ」を発見しました。

はじめて目にするビスコですが、値段はいくらでしょう?

また乳酸菌入りですが、どれくらい入っているのでしょうか?

今回はビスコ2種のナッツについて調べてみました。

ビスコとは

ネコ
ネコ
ビスコはどんなお菓子ニャの
worpman
worpman
それじゃあ、ビスコについて説明するよ

「glico」というロゴでお馴染みの江崎グリコ株式会社から発売しているビスケットです。

ビスケットのクリームには乳酸菌が含まれています。

1933年の発売から今も愛され続けているロングセラー商品です。

小さな子どものイラストがパッケージに描かれており、「おいしくてつよくなる」というキャッチフレーズがあります。

ビスコの由来は、酵母(こうぼ)ビスケットを略し、さらに業界用語風にしたことが名前の由来と言われています。

worpman
worpman
ビスコって80年以上も前からあったお菓子なのか

2種のナッツについて

アーモンドとピスタチオの2種類のナッツが入ったビスコです。

ナッツ以外にライ麦も入っています。

2種のナッツはウィンタースペシャルのクリスマス仕様です。

ちなみにセブンイレブン限定販売となっているそうです。

worpman
worpman
2種類のナッツが入ったクリスマスバージョンのビスコなんだね

値段はいくら?

2種のナッツのミニパックは、1パック49円(税抜)です。

ミニパックには1パックに5枚入っており、1枚あたり約10≒9.8円ほどでしょう。

近所のセブンに置いてありました。

通常のビスコにもミニパックがありますが、こちらは1パック5枚入りで40円ほどです。

同じミニパックでも値段は2種のナッツの方が10円ほど高いようですね。

worpman
worpman
2種のナッツは50円ほどだけど、ビスコでも値段が違うのか

乳酸菌はどれくらい?

ビスコには乳酸菌が入っていますが、2種のナッツも同じように乳酸菌入りです。

乳酸菌の数は5枚で1億個となっており、通常のビスコも5枚で1億個と変わりません。

1枚あたりの乳酸菌の数は2000万個となり、ビスコによって乳酸菌の数が変わるわけではないようです。

worpman
worpman
2種のナッツのビスコには乳酸菌が5枚で1億個入っているんだね

そんなは2種のナッツのビスコをおやつに食べて、乳酸菌を摂取してみてはいかがでしょうか。

まとめ

Point

●グリコから販売している乳酸菌入りのクリームビスケット

●アーモンドとピスタチオの入ったライ麦入りのビスコ

●値段はミニサイズで1パック50円ほど

●乳酸菌は5枚で1億個入っており、他のビスコと変わらない

こちらの記事もいかがでしょうか?

ビスコに描かれている子供の写真は誰?モデルの子の名前は何という?

ビスコの乳酸菌の効果や数はどれくらい?栄養成分はどれ位あるの?

ビスコのショートケーキ味は美味しいの?乳酸菌はどれくらい?

worpman
worpman
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 小さな頃からお菓子が大好きで、大人になった今でもやめることが出来ないほど、お菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子などをよく好んで食べています。そんなお菓子に関する情報をお届けしていきます。自分では食べないけど、どんなお菓子か気になるとかありましたら、気軽にお問い合わせしていただければ、それも合わせて発信して参ります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。