お菓子

きのこの山の手作りキットはどんなお菓子?値段やカロリーはどうか?


先日ディスカウントストアのお菓子売り場に立ち寄った際に、面白いお菓子を発見しました。

その名も「作ろう!きのこの山」です。

なにやら手作りキットお菓子が作れそうなのが面白そうですね。

いったいどんなお菓子が作れるのでしょうか?

また値段カロリーはどれくらいでしょう?

今回はきのこの山手作りキットについて調べてみました。

Sponsored Link


きのこの山とは


株式会社明治から製造販売されているチョコレート菓子です。

アポロチョコが誕生のきっかけとなっています。

1975年の発売から、今も愛され続けている人気商品です。

また、きのこの山に続く商品として4年後に「たけのこの里」が登場しました。

きの山さん」という名前のキャラクターがいます。

チョコにクラッカーをつけることできのこの形になっています。

(´・ω・`) 『きのこの山とたけのこの里は同時期に発売されたお菓子ではないだね』

手作りキットについて

Sponsored Link




自分だけのオリジナル「きのこの山」が作れるお菓子です。

箱の中に下記のようなものが入っています。

【入っているもの】
●3色のチョコクリーム
※チョコ・ホワイト(ミルク)・ピンク(ストロベリー)
●チョコの型
●クラッカー
※16本

どれもきのこの山を作るのに必要な材料ですね。

またチョコの型によると、下記のような作れる種類があります。

【作れる種類】
●いつもの
●しいたけ
●よつご
●こつぶ
●たけのこ
●かさ
●きのこの山
●おおつぶ

8種類の形ができるようです。

(´・ω・`) 『きのこの山を食べるだけじゃなく、作れるのは魅力的だね』

作り方について

きのこの山を作るためには、4つの工程に分かれています。

1)チューブのままチョコクリームをお湯に温めて、柔らかくする。

2)チューブの先を切って、チョコを型に注ぐ

3)チョコを注いだ型にクラッカーを刺す

4)冷蔵庫で30分くらい冷やす

チョコが固まると完成です。

お湯を使う為、小さいお子さんは親御さんと一緒に作るのが良いでしょう。

お湯はちょっと触れるだけでも熱いです。

火傷する可能性も否定できません。

ただし、ぬるま湯だとチョコが柔らかくならない可能性もあるでしょう。

実際に私も作ってみましたが、クラッカーはちょっとした振動でも傾いてしまいます。

またチョコも多く注ぐと型からはみ出てしまいます。

(´・ω・`) 『作ってみたけど、チョコが柔らかいとクラッカーが傾いてしまうね』

値段はいくら?

手作りキットはドン・キホーテで、1箱228円(税込)でした。

きのこの山よりも高い値段です。

もしかしたら、きのこの山がもう1箱買えてしまうかもしれません。

ただチョコの型は洗えば何度も使えそうです。

1度買っておくと何度もきのこの山作りが出来るかもしれません。

その時はチョコとクラッカーを用意する必要があるでしょう。

(´・ω・`) 『型が何度も使えるのは嬉しいね』

クリームとクラッカーだけを別途販売してくれるとありがたいですね^^

カロリーはどれくらい?


画像は1箱あたりで計算されています。

ちなみにきのこの山は1箱74gです。

1箱あたり417kcalあります。

きのこの山の半分ほどですね。

また16本のきのこの山が作るとしたら、1本あたり約13≒12.68kcalということになります。

(´・ω・`) 『ただ普段食べているようなきのこの山とはちょっと違うかもしれないね』

なお仕上がりはこんな感じになりました^^

手作りキットで、たけのこの里やアポロのようなきのこの山を作ってみました。

親子で楽しくきのこの山を作ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

point

●明治から製造販売しているチョコレート

●きのこの山が作れるお菓子

●4つの工程で作りやすい

●1箱あたり228円ほど

●1箱あたり203kcalといつもの半分以下ほど

関連記事

きのこの山とたけのこの里の違いはどこ?カロリーや値段はどうか?

きのこの山とたけのこの里はどちらが人気なの?戦争とは何か?

アポロチョコレートの名前の由来は何か?逆の確率はどれくらい?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


お菓子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!


ABOUT ME
worpman
worpman
 新卒から現在までに職を転々としています。大人になった今でもお菓子が大好きです。特に駄菓子・チョコレート・スナック菓子をよく好んで食べています。そんなお菓子好きがお菓子の情報をお届けしたいと思い、ブログ通して発信しています。